TRIALS HD
メーカー:マイクロソフト
機種:Xbox360
発売年月日:2009年8月12日
価格:1200MSP(1800円相当)
ジャンル:レース(アクション)


執筆: アルツ社長

映像 音楽 快適性
&操作感
独自性 難易度・
バランス
ボリューム 総合評価
8 7 8 8 6 6 77
プレイ時間…5〜6時間程度
※各項目は10点満点、総合評価は100点満点
Wooooonderful!Fantaaaaaastic!!!
(スぅぅーーーンバラスィ!スヴァぁーぁぁああぁーラシィィィ!)
・とにかく自分との戦い。ひたすら自分を信じて挑戦を続けるべし。多人数モードも他のマシン入り乱れてのグランプリも無い。あるのはただコースと自分のみだ。うむっ!硬派だ、硬派過ぎるぜトライアル!!渋い、渋すぎるぜトライアル!!

・入力はアナログスティックでの体重移動とアクセル/ブレーキ操作とのみ。ゲームの難易度は激辛だが、操作自体は敷居は低い。

・ゲーム開始時はちょっと待たされるが、ゲーム中は殆どロード無し。ひたすらトライ&エラーし続けるゲーム内容ゆえ、リトライで快適に遊べるのはかなり嬉しい。

・難易度が高いだけにステージクリアできると結構嬉しい。誰もいなくても独りでニンマリ(※不気味)。クソ真面目な物理演算とそれに伴うシュールなミスっぷりを楽しむのも味か。
Ohhh,my god!!!
(ナぁンテ・コッタ)
・とにかく自分との戦い。ひたすら自分との戦い。誰も助けてくれない。Youtubeで攻略動画を見ようとフレーム単位での自分の入力が全てだから真似しようとしてできるもんでもない。よって結局あんまり参考にならない。そして折れる。とにかく心が折れる。ゲームの内容と味付けからして誰であろうと問答無用で必然的に苦行ライクなプレイに陥りがちなので、トライ&エラーが嫌いなプレイヤーさんには絶望的に合わないかと。

・バイクとライダーの状態を常に掴んでおくのが必須条項なのだが、たまに演出で爆発だとか手前の障害物とかで確認できない箇所があるのは意地悪だと思う。
THE IMPRESSIOOOOON!
(カンソおぉぉぉぉーーーーーーウ)
 最初だけは別にそれほどでも無いが、基本的には超絶難易度のコースをモトクロッサーでブイブイ乗り越えてくステージクリアタイプのレースゲーム。レースと言っても人間・コンピュータ込みで誰も敵はおらず、あるのはひたすら険しい道のりと己だけ。トライ&エラーを繰り返しフレーム単位でベストな操作で障害物を乗り越えていく、ひたすらに汗臭い漢なゲーム。プレイスタイルそのものが苦行と化すので遊び手を選ぶ面はあるが、絵的には結構シュールなんで死にっぷりを楽しむだけでも見どころはある。ある意味、超真面目なバカゲーって感じでもありますかね。

掲載日:2015年2月2日


機種別一覧(XB360)に戻る

レビュートップページに戻る

縮緬遊戯堂トップページに戻る