リッジレーサー6
メーカー:ナムコ
機種:Xbox360
発売年月日:2005年12月10日
価格:7140円
ジャンル:レース


かいたひと : アルツ社長

映像 音楽 快適性
&操作感
独自性 難易度・
バランス
ボリューム 総合評価
69
プレイ時間・・・10時間程度
※映像〜ボリュームは10点満点、総合は100点満点
ええのぅ いかんのぅ
・リッジレーサーシリーズの味である手軽さはまぁ健在。車に関する知識がそんなに必要とされないので、ワシのような人間でも遊びやすい。

・ボリュームはレースゲームとしては相当な部類だと思う。

・ニトロを使用して豪快に加速するのは爽快であるな、うむ。

・映像は相応に綺麗ではある。

・一定以上の品質は保っているであろう、という安心感と中古価格の安さから、手を伸ばしやすい。
・目が肥えたせいかどうかはワカランが、映像面での驚きはそれほどでもなかった。観客は紙だし、背景なんかは意外とポリゴン剥き出しだったりもするし。

・影になってる部分は本当に暗くて、見辛くて困る。

・よーく敵車の動きを見てると、どうやってもニトロがたまらないタイミングでニトロを使ってる気が・・・。

・レース前のロードがかなり長い。これは結構ストレスになるなぁ。

・ボリュームが多いと言っても、同じ事の繰り返しになりがち(ホントは違うかもしれんが、ワシにはそこまで理解できず)。もうちょっと、楽しませ方に幅が欲しい。
感想じゃけんのう
 キレイな事はキレイだし、良くできてるようにも思えるけど、今ひとつ、遊んでで心がウキウキしませんな。常に、何か足りなさがある。売上が落ちてるのも、ワシのように何か物足りなさを感じてる人が多い証拠でしょう(マイナー機種での発売という問題とも思ったが、PSPとかで出たモンも売れてないしな)。無理矢理ハードの発売に合わせて節操無くコロコロとハードが出るたびに速攻で発売するのを目標にするんじゃなくて、じっくり1つのハードで作り込んでみたらどーよ!?・・・って気がしますなぁ。え、余計なお世話?ホッホッホ。

掲載日:06年4月9日


戻る