縮緬遊戯堂 > レビューランド > WiiU > スーパーマリオ3Dワールド

SUPER MARIO 3DWORLD
スーパーマリオ3Dワールド

メーカー:任天堂
開発:任天堂東京制作部
機種:WiiU
発売年月日:2013年11月21日
価格:5985円
ジャンル:アクション(3D)


執筆: アルツ社長

映像 音楽 快適性
&操作感
独自性 難易度・
バランス
ボリューム 総合評価
10 9 8 8 10 8 88
プレイ時間…30時間程度
※各項目は10点満点、総合評価は100点満点
ヒ〜ヤホォォ〜ウ、フフー!
(良ひね、最高ね)
・ステージ毎の仕掛けに流用が無く、とにかく見た目にも感覚的にも行くとこ行くとこで驚きや楽しさが感じられる作り。もてなし感が半端ネェぜ!また、仕掛けだとかグラフィック全般においていい意味で毒がある。

・基本的には3DS『3Dランド』の延長上にある作りだが、解像度が高くなった以外にも恩恵が感じられ、それなりに新鮮味も感じられる作りなのは◎。

・全体的な難易度は『3Dランド』よりかなりマイルドになっており、遊びやすい。使用可能なコントローラもゲームパッド(タブコンね)、Proコン、リモコンなど好みの物から選ぶことができるのも親切。

・本流マリオではFC『マリオUSA』以来の、3Dマリオとしてはシリーズ通して初のプレイヤーを選べるスタイル。初期で選択可能なのはバランスのマリオ、ジャンプのルイージ、空中浮遊のピーチ、スピード型のキノピオの4名。それぞれのキャラが立っているため、同じステージでも違うキャラでまた楽しむ余地がある。また、今まで被りモノ系の変身とあんまり縁が無かったピーチとキノピオの変身姿がなかなか味わい深い。

・東京制作のマリオではお馴染みとなった生演奏/オーケストラサウンドだが、今回は輪をかけてまた豪華。特殊な構成の楽曲も多く、耳でも楽しめる作りはまた健在。

・セーブはコースクリア毎に自動でやってくれるのはありがたい。マリオシリーズだと、割と最近のでも「砦・城をクリアしないとセーブ不可」とか変な制限を課している物があるけど、変に不親切なのはイラつくだけなんで、今回みたいな方がありがたい。
マンマ・ミーア。
(よろしくない)
・ただのバージョンアップに留まっていない事は確かだが、「ギャラクシー」程の斬新さ、目新しさも感じない。遊んでて抜群に面白いのは間違いないけど、色んなアイディアの再利用って部分が目立ってしまって“感動”までには至らない。贅沢な注文かもしれんけど(苦笑)。

・かなりカメラが引いた視点かつ、プレイヤーキャラの移動が遅めな事もあり、じゃっかんモッタリしか感じを受ける。プレイヤーとカメラが常に平行の位置にある、影が真下に付くなど配慮はあるけど、立体視があった「3Dランド」よりは距離感を把握し辛い。

・色々とコントローラが選べるのは親切だけども、リモコン横持ちだとアナログ入力できないので、プレイヤーの移動において45度刻みでしか動けない等、かなり制約を受ける感じなのは否めず。まー、今の段階でProコン複数持ってるとか余程じゃないと居ないだろうと思われますんで、まぁリモコン一個で遊べる配慮はありがたいですが。

・コントローラ周りで遊んでいて湧いてきた欠点が一つ。「WiiUゲームパッドでしか遊べない」と警告が出て他のコントローラが弾かれる地点がチラホラ…。でもさぁ、“障子をタッチする”とか“敵や仕掛けをタッチして止める”とかはWii『ギャラクシー』二作でWiiリモコンのポインティング使用で既に出来てたのに、わざわざ警告を出すと言う洗練されてなさが残念に思える。DSのタッチパネル強制に始まる、他の操作で代用できるのにゲーム側でそれを弾くって仕様が個人的には物凄く気に入らない。こういうのって開発者の自己満足でしかないと思うから、即刻止めて欲しいんだけどなー…。
イッツミー、ザ……感想なり。
 うむ!面白い!東京制作部のマリオはいつもやってくれますな!!2Dマリオが3DS『2』→WiiU『U』と暫くWii版のバージョンアップに留まってるのに反し、東京の3D系は作品ごとに確実に前進しているのが分かる作りになってると思えるのがよろしい。バランスも操作性も演出も流石の出来で大きな不満点はほぼ無いと言って良いが、唯一、他で代用できるのにWiiUゲームパッドの使用を強制してくる点など、快適性においては改善の余地はあると思えた。

 あとこれはダメなとこってよりは要望的な事になってしまうのだが、2Dマリオと比べて売れないあまりにとにかく2Dの要素を混ぜ込もうという意志が強過ぎるような気もする。64→サンシャイン→ギャラクシー1・2と続く3D系マリオにも間違いなく2Dには無い良さや味があるわけで、その辺をあんまり妥協せんで堂々3Dっぷりを貫いて欲しいもんだと思っているんだが…。

 WiiUに関して言えば、「ようやくWiiUでどっかり遊べる本格派のゲームが出た」と言った印象で、本来ならこれくらいの作品をハード発売と同時に出すだけの配慮が欲しかったところではあった。WiiU低迷の最大の要因は、他のメーカーが嫌いそうなハード仕様(他メーカーの前世代と同等の低性能・巨大で重い画面付きコントローラもろもろ)を採用して孤立しておきながら、唯一のソフトメーカーたる任天堂がコンスタントにこれだけの作品を出して来れなかった事に尽きる(もちろん、弾数自体が足りないのは言うまでも無い)。結局この作品が出た後はまた暫く休憩モードで勢いが続かなかったのは残念ではあった…(苦笑)。

掲載日:2013年12月2日
更新日:2018年11月27日


縮緬遊戯堂 > レビューランド > WiiU > スーパーマリオ3Dワールド