朧村正
メーカー:マーベラスエンターテイメント
機種:Wii
発売年月日:2009年4月9日
価格:7140円
ジャンル:アクションRPG(2D・横スクロール)


かいたひと : アルツ社長

映像 音楽 快適性
&操作感
独自性 難易度・
バランス
ボリューム シナリオ 総合評価
67
プレイ時間・・・10時間程度
※映像〜シナリオは10点満点、総合は100点満点
よかですたい だめですばい
・和風のグラフィックはかなり独特の味わい。キャラのアニメも非常に滑らかで細かく書き込んであり美しい。背景も奥行きが感じられる多重スクロール。遠景もしっかり描き込んであり、隙が無い。でっかいボス級の敵も良い意味で不気味で◎。

・サクサクと動くアクションが良い塩梅。スピーディーな戦闘を楽しめる。腕前に合わせて難易度を調整できるのも良し。

・テキストの類に結構毒があって面白い。

・色んなコントローラに対応してるのは親切。
・ステージはやたらと平坦だし景色も似たようなものが多い。戦闘が無いとかなり退屈ゆえ、無駄に移動してるだけの時間が長く感じられるのが残念。道中、もう一工夫ほしかったところ。思ったよりもちょっと内容が薄味な感じが終始付きまとう感じがする。

・音楽は和風でいい響きだが、曲自体はそんなに記憶に残るほどの物でもない。

・主人公が酷い悪党ってのがちょっとねえ。あんまり感情移入できませんワ・・・。あと、突然出てくる説明不足の人物・用語とかには結構困惑させられる。
感想ぜよ。
 基本的には良作の範疇に収まってる感じはするけど、細かい点で不満も多く「あー、詰めが甘いなァ・・・」と感じられる部分が多いのがちょっと残念だったりも。ただ移動するだけの時間が長く、無駄にプレイ時間を引き伸ばししてるような場面が多いのが惜しい。一瞬で移動できるようにするなり、もうちょっと道中のイベントを増やすなり、もうちょっと密度を濃くしてもらわんと、かえって印象が悪くなるだけだと思うのだが。
 素材としては面白い内容だと思うし、描き込まれた2Dグラフィックも美しいだけに、いろいろと惜しいと思う場面が多い。

掲載日:2011年3月14日
更新日:2011年8月8日


機種別一覧に戻る

レビュートップページに戻る

縮緬遊戯堂トップページに戻る