メーカー:任天堂
機種:Wii
発売年月日:2008年5月1日
価格:3800円(Wiiザッパー同梱)
ジャンル:シューティング


広告(良かったら買ってくれぃ)

Wiiディスク+Wiiザッパー
 
この際ダーツでもどうぞ。

執筆: アルツ社長

映像 音楽 快適性
&操作感
独自性 難易度・
バランス
ボリューム 総合評価
7 7 7 6 8 4 63
プレイ時間…4〜5時間程度
※各項目は10点満点、総合評価は100点満点
ヨイノダ・マジデ大統領
・至極シンプルな的当てゲーム。遊んだ感覚はスーパーファミコンのスーパースコープに似ていて、結構懐かしい。難易度も簡単過ぎず難し過ぎず適度な感じ。この辺は任天堂らしいこなれた作りではある。

・グラフィック、サウンドは良好。Wiiのソフトとしてはそれなり。ま、同じハードで出た本編『トワイライトプリンセス』からの流用も多い気はするけど。

・コンボを稼ぐ要素があったりして、得点稼ぎが結構アツい。
アイヤ・ダメナンデス副大統領
・安いのはいいのだが、中身もミニゲーム程度の内容であり、値段相応でしかない。出来自体は悪くないとは思うが、ボリュームが足りないので割とすぐ飽きる。あと1000円か2000円高くても良かったので、せっかくゼルダを題材にしてるわけだし、本格的な内容のものを遊びたかったなァ…。

・タイトルが味気ない。“ボウガントレーニング”というタイトルは…んーむ、まぁ分かりやすくはあるけどカッコ良くはないかな。

・ソフトの評価とは関係ないが、Wiiリモコンからジャケットを外してWiiザッパーに着脱するのがものすごく面倒ではある(リモコンが複数個ありゃ大丈夫ではあるのだが)。
スナワティ・コレ感想相
 遊んだ感覚はスーパーファミコンのスーパースコープに近い感じで結構懐かしい味わいの作品ですな。それこそ「ファミコンゲームか!?」ってくらい割り切ったシンプル過ぎる内容も今となっては逆に新鮮に思えたり。

 ただ、題材としてはせっかく任天堂有数の超大作である『ゼルダの伝説』シリーズを使ってるワケだし、できればもうちょっと本格的な内容のモノを遊びたかったよなー…ってのがホンネ。

掲載日:2018年3月6日


機種別一覧(Wii)に戻る

レビュートップページに戻る

縮緬遊戯堂トップページに戻る