エ キ サ イ ト ト ラ ッ ク
EXCITE TRUCK
メーカー:任天堂
開発:モンスターゲームス
機種:Wii
発売年月日:2006年1月25日
価格:5800円
ジャンル:レース


かいたひと : アルツ社長

映像 音楽 快適性
&操作感
独自性 難易度・
バランス
ボリューム 総合評価
82
プレイ時間・・・25時間
※映像〜ボリュームは10点満点、総合は100点満点
最高じゃのう だめだめですのう
・こりゃ良い意味で馬鹿ゲー。600m以上ブッ飛んだり、他の車をガンガン破壊したりして爆走するのがとても気持ちイイ!!

・リモコンを横向きで持って傾けて操作する。一見イロモノ路線だが、これが意外なほどしっくりくる。Wiiで同時期に出た「リモコン傾け」系レースゲームの中にはまともな操作が不可能なものもあったようだが、この作品に関してはそのような心配は無用かと。

・速く走りつつも、飛んだりドリフトしたり、木のスレスレを走ったりして得点も狙うことが重要であり、その忙しなさが意外とイケるのだ。これが。

・車種やコースが意外と用意されており、ボリューム面では不満は感じない。
・グラフィックは悪くはないが、ゲームキューブのソフトと大差なく、物足りなさを感じる。

・非常に繊細な操作が必要なので、見た目のバカバカしさに反して極力ミスのない走りが求められる。もっと気楽に走れたら良かったのに・・・。

・難易度の設定という面では、各レベルの全コースでSランク(最上級ランク)を取らないと先に進めないのはチト辛い。

・エアスピンはジャンプ距離が短くなる、着地後の方向が狂う、スピードが落ちる等のリスクを犯してまで狙う価値が無い。もう少し配点が高ければねえ。
感想ですじゃ
 Wiiのあまりのタイトルの少なさから、つい購入してしまったわけだが、期待以上に良く出来ており、ちょっと驚きであった。ゲームキューブ以前は海外ソフトハウスの作品は任天堂社内で開発されたものより数段劣るものが大半だったが、今作はなかなかの完成度。「安心の任天堂」ブランドに相応しい内容に仕上がってると思えるね。
 ただ、人を選ぶ内容であるのは確か。「レースはグラフィックでしょ」とか、「挙動がおかしいレースゲーはありえね〜〜」なんて言う人には絶対合いそうもないし、難易度自体も相当高めで誰でもクリアできるバランスとは思えない。馬鹿ゲー好きのヒマ人ならおそらく楽しめると思うYO!!

掲載日:07年2月13日
更新日:07年12月2日


機種別一覧に戻る

レビュートップページに戻る

縮緬遊戯堂トップページに戻る