ストリートファイター
リアルバトル イン フィルム

メーカー:カプコン
機種:セガサターン
発売年月日:1995年8月11日
価格:5800円
ジャンル:アクション(2D格闘)


かいたひと : アルツ社長

映像 音楽 快適性
&操作感
独自性 難易度・
バランス
ボリューム 総合評価
70
プレイ時間・・・10時間未満
※映像〜ボリュームは10点満点、総合は100点満点
いいとこ わるいとこ
・実写取り込み(映画版「ストリートファイター」)のグラフィックは馬鹿らしさ全開。切腹して敵を攻撃するキャプテン・サワダなど、本作ならではのオリジナルキャラもいい。

・根っことなる部分のシステムはシリーズのものをある程度流用しているようで、操作感もそれなりによし。ただの色物ゲームに留まらない内容に仕上がっているように感じられた。
・コマンド入力判定が妙に厳しく、正確にキー入力しないと技が出しにくい。もう少し判定が甘くても良かったのでは?
感想じゃ
 これまた楽しい、馬鹿ゲーの登場です。波動拳を撃つリュウの腰が抜けてるだとか、その辺にいそうなデブ男が宙を舞ったりするだとか、色んなものが爆笑の対象になりうる内容に仕上がっとります。逆に、リュウの扱いが悪いだとか、エドモンド本田がただのデブだとか、春麗が美人じゃないとか・・・、映画版の設定が受け入れられない人には向かない内容であるように思う。楽しむには寛容さが必要かも。
 ワシのように「ストリートファイター」シリーズに思い入れのない外野の人間、かつ、「ストIIはやったことあるよ」程度の層の方々のほうが素直に楽しめると思う。

掲載日:07年9月25日


機種別一覧に戻る

レビュートップページに戻る

縮緬遊戯堂トップページに戻る