々のトライフォー

メーカー:任天堂
開発:任天堂情報開発部
機種:スーパーファミコン
発売年月日:1991年11月21日
価格:8000円
ジャンル:アクションRPG


執筆: アルツ社長

映像 音楽 快適性
&操作感
独自性 難易度・
バランス
ボリューム シナリオ 総合評価
8 10 10 8 10 10 9 97
プレイ時間…100時間程度
※各項目は10点満点、総合評価は100点満点
すンばらしい!
・派手さは無いが見やすく描かれたグラフィック、重厚なサウンド、耳に残る効果音。全てが高品質。

・心地よい操作感に豊富に用意されたアクション。戦闘が数段面白くなった。

・光と闇の二層構造になった広大なフィールドと各地に点在する手ごわいダンジョンの数々…。ダンジョンごとの個性付けも絶妙で量・質とも文句なしの完成度。

・物陰に隠れるとリンクを見失ったり、音をたてると気付いたり。敵のAI・挙動の作り込みがスゴイ。これに限ったことじゃないですが随所にコダワリを感じられる出来栄えとなっておりますな。
イカンですな。
・欠点らしい欠点は特に思い浮かばない。が、あえて挙げるならば、ゲームの再開時に数箇所からしか(リンクの家、教会、ピラミッドね)始められないことくらいかな。あちこちワープできるアイテムを入手するまでは、再開時に元の位置に戻るのだけで結構めんどくさい。

・やや難易度が高めなので、アクションが苦手な人は苦労するかも。
感想ですけん。
 ファミコン版と比較するとあらゆる面でパワーアップしており、ゼルダの人気を決定付けたのもこの作品と言えるのではないかな。
 ゲームボーイの「夢をみる島」と並んで拙者が最も好きなゼルダである。「時のオカリナ」等、3Dになってからの作品も好きなことは好きなのだが、古参ゲーマーの自分にはやっぱり2Dのお手軽でスピーディな内容が合うようでして。

掲載日:2005年9月18日


機種別一覧(SFC)に戻る

レビュートップページに戻る

縮緬遊戯堂トップページに戻る