縮緬遊戯堂 > レビューランド > スーパーファミコン > トルネコの大冒険

トルネコの大冒険
不思議のダンジョン

メーカー:エニックス
開発:チュンソフト
機種:スーパーファミコン
発売年月日:1993年9月19日
価格:9600円
ジャンル:RPG(ローグライク)


執筆: アルツ社長

映像 音楽 快適性
&操作感
独自性 難易度・
バランス
ボリューム シナリオ 総合評価
7 8 9 9 8 7 8 86
プレイ時間…100時間以上
※各項目は10点満点、総合評価は100点満点
よかですたい。
・「詰め将棋的な戦略」、「毎回形が変わるダンジョン」など、これまでにないRPGを生み出している(厳密には、元となったゲームはPCの「ローグ」というゲームであるが、大幅にアレンジしてPCゲーマー以外にも親しみ易いカタチに進化させた事がスゴイ、と言った方が適切かもしれん)。

・『ドラゴンクエストIV』で目立たなかった武器商人トルネコを主人公にしているが、違和感はナシ。むしろ、コミカルな演出はトルネコの親しみやすい容貌に合っているって意味で良いチョイスだったとは思う。

・ゲーム自体がプレイ毎に毎回LV1からのスタートとなり、やや淡白に感じがちな部分を「店を大きく育てていく」という目的を明確にしてやり込み要素や目標を見失いがちなローグ系のRPGに於ける弱点をカバーしてある点もまた、巧みな手法であるかと。
だめですばい。
・満腹度(※行動するたびに減少。0%になると動くたびに1ずつHPが減る)を回復するアイテムであるパンがあまり落ちていないため、空腹でゲームオーバーになりやすい。

・「どこまで降りてもパンが落ちてない」とか「手持ちのアイテムが無い時にモンスターハウス」とか、理不尽な時はとことん理不尽ゆえ、そういうものだと納得できないとキツい部分はあるかも。
感想。
 わしの好きなシリーズである『不思議のダンジョン』第一弾。後の作品に比べるとかなり素朴な作りではあるが、基本システムは大まかには完成しとる印象。オマケ要素は少なめですが、シンプルにまとまってて遊びやすい、とも言えるかもしれんですな。
 アイテムや敵の種類も少なめで覚える事が少なくて済むって意味ではシリーズ未経験者には本作品の方が馴染みやすいかも知れませぬ(難易度が高めな部分は辛いけどもな)。

掲載日:2007年8月4日
更新日:2019年6月25日


縮緬遊戯堂 > レビューランド > スーパーファミコン > トルネコの大冒険