メーカー:BPS
機種:スーパーファミコン
発売年月日:1993年12月24日
価格:8000円
ジャンル:パズル


かいたひと : アルツ社長

映像 音楽 快適性
&操作感
独自性 難易度・
バランス
ボリューム 総合評価
82
プレイ時間・・・20〜30時間
※映像〜ボリュームは10点満点、総合は100点満点
いいねぇッ! だめナノ!
・見た目はゆるい感じだが、かなり燃える内容。特に対戦は時が経つのを忘れるほどの出来。キャラクターによって必殺技に個性があり(相手のブロックの落下速度を極端に遅くする、操作方向の上下左右を逆にしてしまう等)バランスも取れている。スーパーファミコン黄金期の隠れた名作と言えそう。是非遊んでみることをオススメする。

・一人プレイはやや単調で飽きるのは早いかも。「武闘」というタイトル通り、メインはあくまでも対戦。
・名前は硬派なイメージなのに内容はかなりファンシー。ギャップにビビる人はいるかも。従来のテトリスの無機質な感じが好きな人にも合わない気はする。
感想じゃい
 イロモノかと思いきや、案外しっかりした内容で安心して楽しめる。特に対戦の面白さは格別で、非常に盛り上がる。テトリスで対戦ならこれで決まり!!

掲載日:04年9月12日
更新日:05年3月1日


機種別一覧に戻る

レビュートップページに戻る

縮緬遊戯堂トップページに戻る