メーカー:任天堂
開発:任天堂情報開発部
機種:スーパーファミコン
発売年月日:1993年7月14日
価格:9800円
ジャンル:アクション(2D)


かいたひと : アルツ社長

映像 音楽 快適性
&操作感
独自性 難易度・
バランス
ボリューム 総合評価
89
プレイ時間・・・100時間以上
※映像〜ボリュームは10点満点、総合は100点満点
優秀なり 駄目である
・グラフィックやサウンド等の演出面が大きくパワーアップし豪華になった。ファミコン版ではただの色違いだったマリオとルイージが忠実に描き分けられているのも嬉しい。

・一部のバグ技は直されてしまったが、無限1UP等、大半の裏技も再現されているのは嬉しい。

・操作感は細かい点を除けばオリジナルにほとんど忠実なので、経験者は懐かしい気分で遊べる。

・オリジナルの作品とは違い、セーブ機能が付いたのは嬉しい改良点。特に難易度の高い「2」、ボリュームのある「3」ではありがたい。
・「3」が国内版でなく海外版の移植だったのがやや不満。しっぽ攻撃の効果音が「ワールド」のマントの流用なのも個人的には残念。

・細かいが「1」と「2」のジャンプの挙動が微妙に変わったように感じられる。ブロックを頭突きで壊す時めり込むような感じ。
感想他諸々也
 ファミコンで発売された最高級のアクションゲーム「1」、「2」、「3(+マリオブラザーズ)」、「USA」を1つのカセットにまとめたリメイク作品。1つ1つのボリュームはさすがに劣るものの、各作品の完成度が高いので長く楽しめ、お得感バツグンですな。
 近年は1本ずつちまちま移植することが多い任天堂だが、このソフトを思い出して今後はオトクなリメイク作品を作ってほしいと思うね。

掲載日:04年9月1日
更新日:08年1月14日

関連作品のレビューはこちら!
スーパーマリオブラザーズ (1985年・FC)
スーパーマリオブラザーズ2 (1986年・FCD)
スーパーマリオブラザーズ3 (1988年・FC)
スーパーマリオUSA (1992年・FC)


機種別一覧に戻る

レビュートップページに戻る

縮緬遊戯堂トップページに戻る