スーパーE.D.F.
メーカー:ジャレコ
機種:スーパーファミコン
発売年月日:1991年10月25日
価格:8700円
ジャンル:シューティング(2D横スクロール)


執筆: アルツ社長

映像 音楽 快適性
&操作感
独自性 難易度・
バランス
ボリューム 総合評価
6 6 6 7 5 5 60
プレイ時間…7〜8時間程度
※各項目は10点満点、総合評価は100点満点
良ひ!良ひぞ!
・武器の種類が何と8種類もある!!「敵貫通で画面端まで届くが威力が効かない」とか「全然飛ばないけど爆風で倒せるし威力もある」とか「威力は期待できんけど敵をホーミングするし連射速度も速い」などなど、個性的な物が揃っている。

・グラディウスとかR-TYPEみたいにかっちりパターン化するよりは、その場その場でのアドリブ性が重要なバランスっぽい。前者のような練り込まれたステージ構成とかは感じず大雑把な作りだが、その分、シューティング好きでもない大雑把な人間でも楽しめる作りだとは思う。後半の敵は相応に鬼だけど。
ファー!イカンぞな!
・ショットの種類が多いのは良いのだが、使える or 使えないの差は結構大きく、殆ど使い物にならない物もあったりして、先の面に進みたい場合、見た目ほど選択肢は広くない。そう言った意味ではバランスは大味かと。ステージ毎に「これで決まり!」みたいなバランスじゃなく、同じステージの中でも有利不利が出るようなバランス取りだったら、豊富な武器種ももうちょっとウリになり得たと思う。

・敵の配置がワンパターンでちょっと芸が無いかな…。ステージ毎に何か個性があるでもないし、色違いの敵がどのステージでも出て来るし、個性の付け方・メリハリの効きって面でも他より劣る感あり。

・ラスボスは尋常でない『避け』を強要されんのがしんどい。最近の弾幕系シューティングと違って、自機の判定はやたらでかいので、そのハンディを抱えて避けに徹しなければならないのは辛いかと。
感想じゃけいのぅ。
 元はアーケード作品、かつアーケードのリリースから間を置かずに移植された作品らしいが、アーケード版は1回もやった事ないので、そちらとの比較は割愛。
 純粋な完成度って意味では名の通った作品には敵わんけど、B級グルメ的な美味しさはある作品だと思う。Wiiのバーチャルコンソール等でも配信されているので、興味持たれた方はそちらが購入しやすいかと。

掲載日:2014年8月4日


機種別一覧(SFC)に戻る

レビュートップページに戻る

縮緬遊戯堂トップページに戻る