スーパードンキーコング2
ディクシー&ディディー

メーカー:任天堂
開発:レア社
機種:スーパーファミコン
発売年月日:1995年11月22日
価格:9800円
ジャンル:アクション(2D)


かいたひと : アルツ社長

映像 音楽 快適性
&操作感
独自性 難易度・
バランス
ボリューム 総合評価
83
プレイ時間・・・20〜30時間
※映像〜ボリュームは10点満点、総合は100点満点
OKじゃい!! だめだめじゃい!
・シンプルで小気味良いアクションは健在。難易度は高いが理不尽さを感じさせない作りで飽きさせない。ステージ数の数も充分用意されておりグー。

・CGによる立体感バツグンのグラフィックは一層強化された。
・同じ仕掛けを連続で避けていく場面が多く、特に終盤のステージやボス戦では覚えゲー的側面が強いように思われる。

・タイトルがドンキーコングなのにドンキーコングを使えないのは微妙。

・前作から内容面で進化が見られず。やや物足りなさもある。
感想なり
 さほど前作から変化はないが、安定した面白さを誇るシリーズ第二弾。CGによる美麗なキャラのアニメーションは当時の新機種だったプレイステーションやサターンのゲームにも負けてませんでしたな。ワシ的には前作のテカテカ感が好きだったりもするけど。

掲載日:05年3月2日


機種別一覧に戻る

レビュートップページに戻る

縮緬遊戯堂トップページに戻る