スーパーボンバーマン3
メーカー:ハドソン
機種:スーパーファミコン
発売年月日:1995年4月28日
価格:8900円
ジャンル:アクション


かいたひと : アルツ社長

映像 音楽 快適性
&操作感
独自性 難易度・
バランス
ボリューム 総合評価
76
プレイ時間・・・10時間程度
※映像〜ボリュームは10点満点、総合は100点満点
ここがすごいんです ここが困るんです
・やはり、対戦モードは面白い。お助けキャラ「ルーイ」が登場。実力差が大きい者同士の対戦で、ヘタな人が勝つ事も可能となった。アイテム一個ごとの能力補正幅も小さくなったのでアイテム取得数に勝負が左右され辛くなったの地味ながらパーティゲームとしては良い変更点と言えるだろう。 ・多人数用モードの熱さに比べて一人用モードの地味で淡白なこと!やはり、対戦専用のゲームと言えそう。

・対戦モードのお助けキャラ「ルーイ」の登場でバランスが崩れてしまった印象は拭えず。ミス=即死であるボンバーマンのルールにおいて余分に1回ミスしても平気なルーイがランダムで入手可能というバランスはひど過ぎ。硬派対戦ゲームとしての味付けは大雑把になったと言わざるをえない。せめて「ルーイ無し」などをオプションで設定できれば良かったのに・・・。
感想じゃい
 対戦モノの決定版といった内容の今作ですな。今回はパーティゲーム寄りの内容に進化しており、多少腕に差がある人同士の対戦も面白くなっているといった点は見逃せない。ガチンコ勝負なら「2」以前、もしくは後の作品(ニンテンドウ64版以外)がオススメ。

掲載日:05年9月18日


機種別一覧に戻る

レビュートップページに戻る

縮緬遊戯堂トップページに戻る