メーカー:任天堂
開発:任天堂情報開発部、アルゴノート
機種:スーパーファミコン
発売年月日:1993年2月21日
価格:9800円
ジャンル:シューティング(3D)


かいたひと : アルツ社長

映像 音楽 快適性
&操作感
独自性 難易度・
バランス
ボリューム 総合評価
85
プレイ時間・・・20〜30時間程度
※映像〜ボリュームは10点満点、総合は100点満点
ウムッ、すンばらしい! イカンぞな!
・当時ぼちぼちアーケードゲームでは使われ始められていたポリゴンを家庭用ゲーム機で楽しめる!!グリグリ動く立体の世界に度肝を抜かれたモンです。現在とは違いポリゴン丸出しで見難い部分はあるが、この時代にしか味わえなかった雰囲気があったのも確か。ネタバレになるが、ラスボスのアンドルフはニンテンドウ64版よりこちらの方が妙な迫力があった。

・遊撃隊スターフォックスのパイロット達を始めとするキャラクターは一見、安っぽく見えるのだが、かなり片言で味のある物言いのするのが面白い。ケロケロ言うスリッピーに、そりゃないよという気分になる。後のシリーズ作品と違い音声は出ないものの、遊撃隊の一員として戦闘を繰り広げるという臨場感の高さはこの作品から既に存在している。
・難易度が高く、シューティング慣れしてないと結構辛い。トライ&エラーを繰り返して少しずつ進むスタイルに耐えられない人には辛いゲームかもしれない。

・描画フレーム数が少ないので操作感がかなり重い。敵の弾幕や障害物を自在に避けられるようになるには少々慣れが要る。
感想・紹介などなどなどじゃ
 97年にニンテンドウ64で発売された「スターフォックス64」の原型となった作品。まだ少々作りに粗さは見られるが、基本となる部分はこの作品で既に完成している。良作と言って差し支えない高レベルの作品ではあるが、少々難易度が高いので、シューティングが大のニガテだったワシは非常に苦労し、クリア後には泣けた。エンディングで感動したからでなく、それまでの苦労を思ってのことだけど(笑)。

掲載日:05年1月24日
更新日:08年2月3日


機種別一覧に戻る

レビュートップページに戻る

縮緬遊戯堂トップページに戻る