ソニックウイングス
メーカー:ビデオシステム
機種:スーパーファミコン
発売年月日:1999年7月30日
価格:8900円
ジャンル:シューティング(2D・縦スクロール)


かいたひと : アルツ社長

映像 音楽 快適性
&操作感
独自性 難易度・
バランス
ボリューム 総合評価
67
プレイ時間…5〜6時間程度
※映像〜ボリュームは10点満点、総合は100点満点
いいんだっちゃ! だめだっちゃ。
・自機の種類が結構豊富。色々使い比べてみる楽しみがある。

・指令に対して「御意」とか言う忍者パイロットとかいつもヘラヘラしてる変な外人とか、キャラのデザインが妙に濃いのも魅力の一つ(!?)。

・シューティングとしてはオーソドックスな作りで遊び易い。この時期に出たタイトルだと背景とか敵の描き込みで逆に敵の弾が見辛い物とかも少なくなかったりするが、画面構成やデザインがスッキリしている事もあり、見易くまとまっている。
・中盤以降は処理落ち(+それの急激な復帰に伴う敵弾のいきなりのスピードアップ)が辛い。

・無難にまとまっていて遊び易い作りだとは思うが、ボリューム自体は大したことないので若干アッサリし過ぎな気がしないでもない。

・敵のバリエーションが少なく、使い回しが多いのも若干損してる気がする。
感想ですたい。
 昔のゲーセンによく置いてあったシューティングゲームの家庭用移植。業務版はあんまりやった事がないので比較はできんのだが、まあそれなりに雰囲気は再現されているように思う。

掲載日:2013年7月8日


機種別一覧に戻る

レビュートップページに戻る

縮緬遊戯堂トップページに戻る