シムシティ
メーカー:任天堂
開発:任天堂情報開発部
機種:スーパーファミコン
発売年月日:1991年4月26日
価格:8000円
ジャンル:シミュレーション


かいたひと : アルツ社長

映像 音楽 快適性
&操作感
独自性 難易度・
バランス
ボリューム 総合評価
84
プレイ時間・・・30時間くらい
※映像〜ボリュームは10点満点、総合は100点満点
よいとこじゃ こまったとこじゃ
・パラメータが少なめなのでとっつき易い。アドバイスも的確で、次に何をすれば良いのか、それとなく教えてくれるDr.ライトもナイスですな。

・PC版や「2000」以降の同シリーズと比べるとルールがシンプルなので遊びやすい。

・穏やかな感じのBGMが個人的には好みだったりします。
・セーブやロードにかかる時間がべらぼうに長い。町が成長するにしたがってスクロールが重くなるのも辛い。
感想などなどじゃい
 色々原作の要素は省略されている感じだが、遊び易さ・分かり易さを第一に考えた任天堂流のアレンジ具合がいい感じ。この作品のあと、家庭用ではSFC・ロクヨンの「2000」とかも遊んでみたりしたけど、こちらの方が面白さ・遊び易さは上な感じだよ。

掲載日:07年4月22日


機種別一覧に戻る

レビュートップページに戻る

縮緬遊戯堂トップページに戻る