メーカー:任天堂
開発:インテリジェントシステムズ、任天堂開発第一部
機種:スーパーファミコン
発売年月日:1995年10月27日
価格:5800円
ジャンル:パズル


かいたひと : アルツ社長

映像 音楽 快適性
&操作感
独自性 難易度・
バランス
ボリューム 総合評価
10 88
プレイ時間・・・100時間以上
※映像〜ボリュームは10点満点、総合は100点満点
ここが素敵なんです。 ちょっと困るんです。
・パネルが上から降ってくる「落ちモノ」ではなく地面からパネルが上がって来る「せり上がりモノ」。連鎖を組む事で高得点や相手への効果的な攻撃が期待できるが、面白いのはパネルが落ちる前のごく短い時間にとっさに下のパネルを揃えることで後だし連鎖を繰り出せる事(「アクティブ連鎖」という)。このシステムによってスリルが格段に増し、通常では考えられないほどの連鎖を繰り出す事ができるようになる。

・1人でストーリーモードやパズルモードを遊んでもそれなりに楽しいが、本領発揮はやはり対戦モード。大連鎖の応酬によって大量に相手側にお邪魔パネルを送ったり、それをカウンター攻撃によって跳ね返されたり・・・。パネルを消し続けている限りは画面内がパネルで埋まっても負けにはならないシステムのため簡単に勝負は付かず、極限の状態が長く続くのがイイね。

・任天堂製のパズルゲームには珍しい、完全オリジナルキャラを用いた作品。微妙に「萌え」を意識したキャラクターは好き嫌いが分かれそうだが、個人的には「この作品ならでは」の味とあっているので容認。ってか悪くない。
・ただ淡々とパネルを消しているだけでは面白くない。アクティブ連鎖をある程度繰り出せるようにならないとほとんど面白さがわからないので、人によってはある程度の練習を必要とする。
感想他
 見かけが見かけなだけに色物かと思いきや、実はとんでもない完成度を誇る作品。とにかくアクティブ連鎖が面白い!対戦が止められない!連鎖合戦のスリルがたまらない!こりゃ、文句ナシで最高峰のアクションパズルだね。

掲載日:04年7月24日
更新日:05年3月7日


機種別一覧に戻る

レビュートップページに戻る

縮緬遊戯堂トップページに戻る