メルファンドストーリーズ
メーカー:アスキー
機種:スーパーファミコン
発売年月日:1994年3月25日
価格:9800円
ジャンル:アクション(2D・横スクロール)


執筆: アルツ社長

映像 音楽 快適性
&操作感
独自性 難易度・
バランス
ボリューム 総合評価
7 6 5 5 4 4 51
プレイ時間…2時間程度
※各項目は10点満点、総合評価は100点満点
良ひ!良ひぞ!!
・キャラが4名おり、近接攻撃が強い剣士、バランス型で耐久力もあるが遅い騎士、リーチが長いが脆い魔法使い、速く動く事ができリーチもそこそこの盗賊がいるが、それぞれのキャラ・性能付けは立っているとは思う。

・グラフィックはそこそこ。キャラは敵味方ともに大き目で、背景なんかの描き込みは細かく、割と力が入ってるのは見てとれる。
イカンよーな気がする…。
・挙動がかなりもっさり。とにかく何の動作も遅いので、思い通りにキャラが動いてくれずイライラする。合間合間のデモのテンポも悪くイライラは更に募る。難易度自体はそれほどでもないが、プレイヤーの挙動自体で損してるタイプ。

・攻撃とガードが同じボタン(どっちもYボタン)。使ってないボタンが沢山あるんだから他に割り振ればいいのに…。

・敵の配置がやたらワンパターンでかなり適当(もちろん、悪い意味で)。また、4人中2人は上方向に全く攻撃できないのに、敵はわらわらと上から攻めてくる。アクションゲームとして芸が無いとでもいうか、投げやりでやっつけな仕事とでもいうか。

・純粋に物量が足りない。1時間くらいでクリアできてしまう。まぁ繰り返し遊びたいと思える内容ならいいのだが、挙動だとかステージ構成だとか、アクションゲームに必要な部分が割とことごとくダメなので、クリアしたら「もういいや」になってしまうのがナントモ…。これで定価10000円だかんなー…。PS1→PS2移行期あたりの在庫一掃レトロ機種1本50円セールで買って文句ダラダラ垂れるのもアレですけども(苦笑
感想じゃけいのぅ。
 ちょっと見た目がメルヘンチックかつ、ちょっと萌えに傾倒したようなデザインのアクションゲーム。キャラが4名おり、それぞれ個性付けはハッキリしていて使い分ける楽しさはあるにはある…が、挙動がやたらめったらモッサリで何をするにもスローテンポ、ステージ構成はやっつけ感丸出しなど、丁寧な作りとはとても言い難い内容なのは残念。ま、「見た目は良いけど中身は…」な典型例なのかも。もうちょいバランスだとかアクションゲームとしての手触りだとか根っこ部分に力を入れていただきたかった。

掲載日:2014年8月18日


機種別一覧(SFC)に戻る

レビュートップページに戻る

縮緬遊戯堂トップページに戻る