マリオワリオ
メーカー:任天堂
開発:ゲームフリーク
機種:スーパーファミコン
発売年月日:1993年8月27日
価格:6800円
ジャンル:パズル


かいたひと : アルツ社長

映像 音楽 快適性
&操作感
独自性 難易度・
バランス
ボリューム 総合評価
75
プレイ時間・・・15〜20時間程度
※映像〜ボリュームは10点満点、総合は100点満点
いいねぃ だめでぃ
・マウスに拠る快適な操作とシンプルなルールで手軽に楽しめるのが嬉しい。ゴールが「迷子になったルイージ」と言うのも笑える。この頃からもういじられキャラですなぁ・・・。

・足の速さや段差での踏ん張りの効き、落下速度などが異なる3種類のキャラが用意されており、使い分けたり、キャラ毎にクリアしていったり、遊び方に幅があるのが良いですわな。

・ステージ数が豊富に用意されている。シナリオクリア後にもさらに難しい「エキストラエリア」も用意されており、そこそこボリューム感がある。
・1つ1つのステージが短めであるとは言え、さすがに最初から最後まで通してやるには少々疲れて集中力が持たない。セーブ機能(もしくはパスワードでも)があれば嬉しかったのだが。
感想じゃい
 マウスで妖精を操作して、目隠しされてひたすら前に歩き続けるマリオ達を誘導しゴールへ導いていくパズルアクション。内容は至極単純なのだが、頭は使うわ、意外と忙しいわで結構熱くなるゲームだったりもする。よくできたゲームだと思います、ハイ。

掲載日:05年3月3日


機種別一覧に戻る

レビュートップページに戻る

縮緬遊戯堂トップページに戻る