星のカービィ スーパーデラックス
メーカー:任天堂
開発:HAL研究所、任天堂情報開発部
機種:スーパーファミコン
発売年月日:1996年3月21日
価格:7500円
ジャンル:アクション(2D)


かいたひと : アルツ社長

映像 音楽 快適性
&操作感
独自性 難易度・
バランス
ボリューム 総合評価
10 94
プレイ時間・・・100時間以上
※映像〜ボリュームは10点満点、総合は100点満点
ウムッ、すンばらしい! イカンぞな!
・6つのメインゲーム+3つのサブゲームが入っており、ボリューム満点。「1作目の簡易リメイク」、「速さを追求」、「ダンジョン探索&お宝集め」、「時間との戦い」、「コピー使い分け」・・・といった感じでそれぞれに特徴があり、どれもよく作りこまれている。

・CGを駆使したグラフィックが美しい。今までのシリーズと比較して、カービィが大きく描かれており表情も豊かになった。

・コピー能力が大幅にパワーアップ。コピー種類自体が増えたのに加え、同じ能力でもダッシュや連打、タメといった簡単なコマンド入力によって複数の攻撃を使い分けることができる。アクションにスピード感があり、テクニカルに戦うことが可能になったので敵との戦闘が格段に面白くなった。

・2人で同時に遊ぶことができる。上手い人はカービィを担当、操作が苦手な人はヘルパーを使い(ミスしても平気)協力プレイが楽しめる。

・全体的にユーザーに親切な作りになっている。各ゲームを始める際にはチュートリアルによって操作を練習できるし、ゲーム中にポーズをかけることでアクションの操作を確認できる。説明文のセンスもなかなか面白い。ゲーム自体の難易度の上がり方も緩やか。
・ゲーム内容自体には大きな不満点は見当たらないのだが、特殊なROMを使っているためかセーブデータがやたら消えやすいのは困る。

・技を使い分ける面白さを追求したのと引き換えにシンプルさは少し失われている。それぞれの能力のすべての技を完全に使いこなす必要は無いとは言え、さすがにまったく出し分けられないようでは先に進むことはおぼつかぬかと。アクションが苦手な人はあまり馴染めないかも。

・全体でのボリュームはそれなりだが、あえて文句を言えば一つ一つが小粒ですぐ終わってしまうのが物足りないってくらい。いや、ゼイタクな悩みかな。
感想じゃ
 名前の通り豪華な作り。今までに比べると敵との戦闘に重点を置いた作りとなっており、1つのコピー能力で数多くの技を使い分ける事ができるという奥の深さが面白い。また、非常にボリューム感があるのも嬉しい。カービィシリーズはこの作品の後にも数多くの作品が出ているが、アルツにとってのBESTカービィは文句なしでコレ!そして、ワシの最も好きな2Dアクションゲームの1つでもあります。

掲載日:04年8月1日
更新日:06年7月26日


機種別一覧に戻る

レビュートップページに戻る

縮緬遊戯堂トップページに戻る