ドラゴンクエストV 天空の花嫁
メーカー:エニックス
機種:スーパーファミコン
発売年月日:1992年5月23日
価格:9600円
ジャンル:RPG


writen by ペペロンチ〜ノたこまる

映像 音楽 快適性
&操作感
独自性 難易度・
バランス
ボリューム シナリオ 総合評価
92
※映像〜シナリオは10点満点、総合は100点満点
GOO! BOO!
・モンスターを仲間にできるというアイディアは最高。

・3つの時代に別れたシナリオは面白く、何度もやりたくなる出来。

・音楽と映像のバランスも良い。
・お金が貯まりにくい。

・最後は主人公と子供でパーティーになってしまい、モンスターがそんなに必要ない。

・一部、反則的なほどモンスターが強い処がある。
感想
・小生の数少ないクリアRPGの1つ。小説も買うほどシナリオに惚れ込みました。

・やはりパパスの死には泣けました。

掲載日:04年12月20日


かいたひと : アルツ社長

映像 音楽 快適性
&操作感
独自性 難易度・
バランス
ボリューム シナリオ 総合評価
10 10 10 94
プレイ時間・・・100時間以上
※映像〜シナリオは10点満点、総合は100点満点
いいねぇッ! だめナノ!
・父親との別れ、悲惨な青年時代、幼馴染との再会に結婚、別離・・・ドラクエだけあって物語の展開にはやっぱり少々強引さもあるが、涙無しには語れない、感動の物語がここにある。これぞドラクエ版大河ドラマ。ささ、ハンカチの御用意を(笑)。ビアンカとフローラ、好きな女性を選んで奥さんにする結婚システムもなかなか斬新でよかったと思う。

・敵モンスターを仲間にできるシステムが面白い。ある程度なら自分好みのパーティ編成も可能であり、珍しい敵を仲間にすると自慢したくなるから不思議(笑)。

・敵グループを同時に攻撃できるムチ系の武器や敵全体を攻撃できるブーメラン、さらには炎などの息系の攻撃の追加で、戦略の幅が広がった。

・便利ボタンがとっても便利!(ってそりゃそうか)扉を開くのも壷を調べるのも、話し掛けるのも1つのボタンでOK!!現在のRPGでは当たり前の存在だけど、当時は「ヌヲ〜イカス〜」・・・と感動したものです。
・せっかくハードがスーパーファミコンになったのに、グラフィックはそれほど進化していないのが残念だった。

・モンスターを仲間にするシステムは斬新で面白い試みだが、生かしきれてない印象も強い。仲間にできるモンスターが少ないし、使えるものとそうでないものの格差が非常に大きいのも惜しい。最終的にはスライムナイトやキラーパンサー、ヘルバトラーなどの固定メンバーになりがちで選択肢が少ないのが惜しい。
感想じゃい
 この作品を初めて遊んだ当時は中学生だった故、結婚だとか子供が生まれるだとか言われてもあんまピンと来なかったけど、最近遊び直してみると物語の節々で妙にグッときちゃうねえ。いやまぁ、今だって結婚だの子供だのには縁遠いけどな。
 まったく、涙もろくなっちゃってイカンよ。年はとりたくないものよのぅ、ホッホッホ。

掲載日:05年1月14日
更新日:08年2月3日



関連作品のレビューはこちら!
ドラゴンクエストIV 導かれし者たち (1991年・FC)
ドラゴンクエストV 天空の花嫁 (2004年・PS2)


機種別一覧に戻る

レビュートップページに戻る

縮緬遊戯堂トップページに戻る