METAL SLUG COMPLETE
メタルスラッグ コンプリート
メーカー:SNKプレイモア
機種:プレイステーションポータブル
発売年月日:2007年2月2日
価格:5040円
ジャンル:アクション(2D・シューティング)


執筆: アルツ社長

映像 音楽 快適性
&操作感
独自性 難易度・
バランス
ボリューム 総合評価
9 7 4 7 7 9 69
プレイ時間…20〜30時間程度
※各項目は10点満点、総合評価は100点満点
よかねー、よかばいねー。
・グラフィックは敵・味方のキャラクターから各種のメカや背景に至るまで、描き込みの細かさ・動きの多彩さ滑らかさが非常に凝ってるなあと思える出来。このドット画の職人芸的仕上がりは他の追随を許さない。キャラデザイン自体の濃さもいい。

・シンプル操作かつ奥深いアクション。敵の攻撃を受けると一発死と言うストイックさが味。コンテニュー無限にできるため、アーケードでは太刀打ちできなかったヘタクソ(わしみたいなプレイヤー)も安心。一方で、アーケードと同条件でクリアでオマケ解禁など、上級者・常連さんへの配慮もあるのは良いことだと思う。

・家庭用ゲーム機では従来一本ごとに出ていた作品が一本に詰まって、しかも値段が5000円(廉価版が出た後は2000円くらいで買える)というコストパフォーマンスの良さが圧巻。これでもうちょっとサクサクと動いてくれれば文句ナシだったんだがなァ…。
イカンよー、もう。
・なんと言ってもロードが酷い。回数も長さも。ゲーム開始時だけならともかく、ステージの境目などでひっきりなしに十数秒以上、酷いと30秒近い(!!)ロードが入るし、タイミングも悪い。キャラセレクトでカーソルを移動するごとに読み込みが入る点、キャラがやられた後だとか武器を替えた後に数秒読み込みが入りずれたタイミングで声・効果音が出るにのも非常に興醒め。『6』とかは画面切り替え時だけでなく、ゲーム中にも頻繁に止まる。元となってるゲーム部分は良く出来てるのにこのロードの部分でかなり損してる印象。メニュー画面でいちいちカーソルが固まって数秒動かない等レスポンスの悪さも気になる。んーー、どうにかならなかったものか?

・元がアーケードの作品だけに、難易度は非常に高め。コンテニュー無限なのでその気になれば普通にクリアもできるのだが。ま、アーケード作品ってのは難しいこと自体にも意味があるわけだろうから、下手にいじくってバランスが駄目になるよりは余程マシかもしれんですけども。
感想であ〜る。
 メタルスラッグの『1』〜『6』を豪快に1本に収録。ボリューム面は満足の出来。特に旧SNKから出ていたシリーズ初期の『3』までの完成度は圧巻。

 しかし、残念なのは読み込みの異常な多さ&長さ。いちいちプレイがブツ切れになるし、メニューの操作がかったるくて、この点でかなり損してるのは否定できんなあ。

 ゲームとしては面白いんだけど、この点で非常に損してるんだよなー。その点で惜しい作品ではある。現在だと名作として名高い初期シリーズは割と沢山の機種に移植されとるし、わざわざこのPSP版でなくてもいいや、ってなっちゃってな。

掲載日:2011年5月23日
更新日:2018年8月28日


機種別一覧(プレイステーションポータブル)に戻る

レビュートップページに戻る

縮緬遊戯堂トップページに戻る