天外魔境III
NAMIDA

メーカー:ハドソン
開発:レッド
機種:プレイステーション2
発売年月日:2005年4月14日
価格:7800円
ジャンル:RPG


かいたひと : アルツ社長

映像 音楽 快適性
&操作感
独自性 難易度・
バランス
ボリューム シナリオ 総合評価
32
プレイ時間・・・10時間程度
※映像〜シナリオは10点満点、総合は100点満点
良いところですぞ! わるいところですぞ
・BGMは重厚な感じでそこそこいいと思う(いい所として敢えて挙げるならば、レベルではあるが)。

・ストーリーやシステム自体はオーソドックスなので馴染み易いと言えなくもない。
・ロードが激長&多過ぎ!!町の中、建物に入るとロード、階を移動してまたロード。町から出るとロード。町に入ってもロード・・・。勿論、戦闘の前後もロード(しかもやたらとエンカウント率が高い)。10数年前のCD−ROM初期のゲーム機でもあるまいし、何故ここまでロードにイライラさせられにゃならんのだ!(ブチキレ。これによりプレイ断念)

・あ〜、電源入れてから実際にゲームできるまでの待ち時間も・・・相当長いよね・・・。

・プレイステーション2円熟期とは思えないベタ塗りのキャラの3Dモデルは、とにかく安っぽい出来。また、キャラの表情や動きが乏しく、不自然で不気味。

・ストーリー。10時間程度しかやってないが、なんか薄っぺらい感じが・・・。そして各種イベント。露骨なお使いが多過ぎ。
感想です
 アレです。ロードです。ロードがすべてぶち壊しにしてます。まー、それ以外に目を向けても、長いロード時間を我慢してまで遊ぶべき長所らしい長所は見当たりませんでしたので、遊ぶのを断念しました。これを定価で買ってたらディスク真っ二つに割ってましたね(500円で売ってる理由が分かりましたよ)。
 個人的にはこのシリーズに思い入れは全然無いので今作がアレな出来でも痛くも痒くもないんですが、シリーズのファンの人はなんともお気の毒です。猛省せよ、ハドソン。

掲載日:08年1月7日


機種別一覧に戻る

レビュートップページに戻る

縮緬遊戯堂トップページに戻る