みんなのテニス
メーカー:ソニーコンピュータエンターテイメント
開発:クラップハンズ
機種:プレイステーション2
発売年月日:2006年9月14日
価格:4800円
ジャンル:スポーツ(テニス)


かいたひと : アルツ社長

映像 音楽 快適性
&操作感
独自性 難易度・
バランス
ボリューム 総合評価
74
プレイ時間・・・約10時間
※映像〜ボリュームは10点満点、総合は100点満点
グッドなり だめだめなり
・「マリオテニス」等のタメ系(ボールが回り込む位置に先回りしてボタンを押しておくタイプ)のテニスゲームが主流となる中、タイミング系(ボールが来るタイミングでボタンを押すタイプ)として古臭くなく、独自の操作方法を確立できているのが良かったと思う。

・キャラクターが豊富でそれぞれ個性が立っておりよろしい。

・値段が安めなのは良い。
・「みんなのGOLF」にあるようなキャラクターのカスタマイズがないのが残念。ラケットの種類に応じてある程度、能力を変化させられる等の要素はほしかったところ。

・1人で遊ぶチャレンジモードはボリュームが少なく、1人で遊ぶゲームとしては物足りない。
感想ですたい
 「みんなのGOLF」のクラップハンズが開発ということで期待はしていたが、タイミング系のテニスゲームとしては久しぶりの良作。だが、細部でまだ不満に思える点が多く、「みんGOL」の域にはまだ達してない感じ。シリーズの続編に期待したいところじゃな。

掲載日:07年9月15日

機種別一覧に戻る

レビュートップページに戻る

縮緬遊戯堂トップページに戻る