みんなの4
メーカー:ソニーコンピュータエンターテイメント
開発:クラップハンズ
機種:プレイステーション2
発売年月日:2003年11月27日
価格:5800円
ジャンル:スポーツ(ゴルフ)


執筆: アルツ社長

映像 音楽 快適性
&操作感
独自性 難易度・
バランス
ボリューム 総合評価
9 8 7 7 8 9 86
プレイ時間…30〜40時間程度
※各項目は10点満点、総合評価は100点満点
よかですたい。
・シリーズ過去作からの流用は目立つが、コース数そのものはかなり豊富に用意されている。キャラクターのモーションや水、空気の表現に関しては確実に進化しており、見た目でも楽しめる。

・ボールの飛距離やコントロール、スピンなど、キャラの性能に直接影響するボールやクラブ、お遊び要素ながらも豊富に用意されたキャラの新ユニフォーム・コスプレ服や壁紙などのおまけの数々がゲームを進めるごとに手に入る。先に進めたくなる数々の仕掛けが嬉しい。

・ショットのリプレイを自由に記録できるようになった。これまでは珍しいショットでもスコアが悪いと記録できず残念だっただけに嬉しい追加点と言える。

・ショットのパワーを決定した後、三角ボタンや四角ボタンでパワーの微調整ができるようになり、凡ミスを回避しやすくなったのが地味にありがたい。

・スズキやナナコなど、『3』ではカットされた昔の作品のキャラクターがプレイヤーキャラとして復活したのがちょっと嬉しい。
だめですばい。
・キャラクターは多いがイメージが被ってるキャラが複数いるなどバランス配分は悪い。特に「金髪・クール系美女」あたり。また、動物や幼稚園児など、変にウケを狙い過ぎと思えるキャラばかりで個人的にはややゲンナリ。もうちょっと普通のキャラが多くても良かったと思う。

・難易度が高めに設定されているため、トーナメントの中盤以降を勝ち抜くのはそれなりに厳しい。トーナメントは一回始めると中断出来ないのもオフラインで楽しむ分には不親切な事この上ない。また、VSモード終盤でのCOMプレイヤーの頻繁なチップインイーグルやホールインワンの連続という神プレーは、こちらのやる気が失せる。

・スピンショットのジャストインパクト必須って条件がチト厳し過ぎるかと。成功しないと普通に飛ぶだけなので、戦略に組み込みにくい。
感想なり。
 敵も昔より強くなり、グリーンやコースの設計も難しくなった。それを考慮すると過去作よりも敷居は高くなった気がする。今作ならではの要素はそれほどないが、ボリューム満点で豪華な内容は熟れており、この辺りは見事。やはり、同ジャンルのゲームでは頭ひとつ分抜きん出た存在であったようには感じる。

 完全クリアできずとも、ヘタならヘタなりにちゃんと楽しめる懐の深さがいいのだ(←へっぽこ)。最近のみんGOLが妙に敷居が高まったせいもあり、このPS2時代の作品とかが妙に懐かしく思えてしまう。できればもうちょっと原点に立ち返って誰でも楽しめる内容を目指していただきたいもんではあるが。

掲載日:2005年9月2日
更新日:2017年12月19日


機種別一覧()に戻る

レビュートップページに戻る

縮緬遊戯堂トップページに戻る