メタルギアソリッド3 サブシスタンス
メーカー:コナミ
開発:コナミ・小島プロダクション
機種:プレイステーション2
発売年月日:2005年12月11日
価格:6980円
ジャンル:アクション


広告(良かったら買ってくれぃ)

執筆: こうちゃ関西営業所長

映像 音楽 快適性
&操作感
独自性 難易度・
バランス
ボリューム シナリオ 総合評価
10 9 8 9 9 8 10 91
プレイ時間…70時間程度
※各項目は10点満点、総合評価は100点満点
少佐!とても良かったぞ!(スネーク風に)
・前作(2)での主人公変更が失敗とも言える結果になったので本作からスネークに戻された。しかし従来のソリッド・スネークではなく父親のBIG BOSSことネイキッド・スネークが新しく主人公になった。見た目や言動は瓜二つだが立場や時代が大きく変わっており、わりと開発元にもファンにも好評だったようで後にネイキッド・スネークの物語の方が多くなってきたほどである。

・潜入場所が人工的な要塞施設が基本だったメタルギアシリーズから一転、ジャングルや高原地帯といった野生の潜入が基本となった。開発スタッフがしっかり取材してきただけあって、グラフィックはプレイステーション2の中でもかなり綺麗な方である。

・前作まではしょっちゅう主観で敵の位置を確認したりしないと高難易度では見つかってしまいがちだったが、サブシスタンスでは新たに三人称視点を追加。レーダーがなければ敵の位置を確認しにくかったメタルギアシリーズに一気に革新が入った。

・カムフラージュ率というのが追加され、現在着ている服装や行っている行動等によって敵に見つかりにくくなるようになった。敵との戦闘に特化した服や完全にネタ装備な服等、バリエーションがかなり豊富で面白い。

・野生なので動植物を捕獲して空腹を満たしたり、大ケガをしたら敵の物資や野生の植物を使って治療したりとサバイバル要素もこれまた面白い。種類が豊富でやらされている感がなく、そこまで使わなくても進められるのでストレスは無し。

・これまでより一つ一つのマップがより広大になり、潜入ルートや潜入手段が豊富になったのでステルスアクションとしての面白味もさらにアップした。

・様々な国や組織の考えが複雑に入りくんだシナリオはシリーズ中でも上位に入るほど面白い。1960年代が基準になっているので実際に当時あった歴史的な国際情勢等も豊富に取り入れており、さらに物語にのめり込める。

・前作までの銃声や爆発音がちょっと聞こえただけで発見状態になったりする敵兵達(しかもこちらの姿は一切見えていないのに!)にはうんざりだったが、本作からは警戒状態になるだけで違和感の無いバランス調整をしてくれている。逆に敵兵の近くで走ると足音に敵兵が気づいたりしたりと、一概に簡単になった訳ではないのも良かった。

・後半の前作の雷電にそっくりなキャラに成り済ますイベント。成り済ました後は文字通りに何でもやりたい放題であり、こういうかなり自由に遊べるイベントがあるのは好き。
まずいスネーク!任務は失敗だぞ!(ゼロ少佐風に)
・出血表現や暴力表現、性描写がさらに多くなってきている。シナリオに良く結び付いているので無駄な表現ではないが、そういう表現が苦手な人はちょっと嫌かもしれない。

・重傷の時でもアクション自体は問題なくできてしまう。足を骨折していたら移動が遅くなったり、出血している時は前作と同じように敵が血痕を追ってくるようにしてもよかったのでは?

・ゴリ押しができた前作までと違って初心者泣かせな要素もちょいと多い。主観視点での狙いが基本になったり、一部のボスがゴリ押しが通用しにくくなったりと初心者さんにはちょっと大変かも。

・前作よりはマシになったがやはり物語の説教臭さはあるところも。
分かったわスネーク、感想ね?(パラメディック風に)
 前作での反省を活かしてさらに面白く仕上げてくれたメタルギアソリッド3の完全版。前作までの良いところは順当に引き継いでくれており、それでいて本作からの新たな魅力も多い。特にストーリーの出来は個人的にはシリーズでもかなりの出来映えだったのではないかと思われる。
 トンでもないキャラが目立った『2』よりも信念を持ったキャラが揃い、人間離れした能力もスネークとの戦いを良い塩梅に熱くしてくれる。

 ジャングルという複雑な世界観ながらも、ジャングルに相応しい新たなシステムやアクション面の強化も良かった。ソリッド・スネークと同じなようでひと味違う、ワイルドなネイキッド・スネーク(BIG BOSS)の魅力を野生が引き立ててくれる。

 ストーリー的な繋がりもあることにはあるものの、わりと本作からプレイし始めても問題はないように出来てある。初めてのメタルギアソリッドをやるならPSの『メタルギアソリッド』でもいいけど、個人的には本作から始めても良いのではないかと思いますぞ。自分の中では一番好きなメタルギアです。

 なお、自分がプレイした時にはオンラインモード『メタルギアオンライン』は終了していたのでメタルギアオンラインに関する評価はスコアに影響させずにレビューを書いております。

掲載日:2016年9月12日
更新日:2016年10月3日


機種別一覧(PS2)に戻る

レビュートップページに戻る

縮緬遊戯堂トップページに戻る