グラディウスV
メーカー:コナミ
開発:トレジャー
機種:プレイステーション2
発売年月日:2004年7月22日
価格:7140円
ジャンル:シューティング(2D・横スクロール)


広告(良かったら買ってくれぃ)
 
PS2ベスト版 サントラ

執筆: アルツ社長

映像 音楽 快適性
&操作感
独自性 難易度・
バランス
ボリューム 総合評価
8 8 8 8 7 7 77
プレイ時間…20時間程度
※各項目は10点満点、総合評価は100点満点
てやんでい!最高でぇい!
・従来は自機の後ろをついてくるだけだったオプションをある程度操作できるようになったのが面白い。動きや組み合わせnパターンは数種類から選べるが、どれかが強過ぎたり弱過ぎたりせずバランスが取れているのも良い。

・従来よりも敷居が下がった感があり、初心者やシューティングが苦手なプレイヤーに対する配慮が見られるのが好印象、そしてありがたい。ミスした地点で即復帰できる「沙羅曼蛇方式」の導入やオプションがミスした場所に残るなどの変更点などにより、そこからの復帰も大幅に楽になったのが嬉しい。

・BGMのテイストがこれまでのものと趣が異なるが、これはこれで良い。
べらんめい!いけねぇぜい!
・従来よりは多少は易しめに感じるものの、やはりムズイ。シューティングに慣れてる人以外はかなりの鍛錬が必要かもしれん。

・通路が完全に閉じてしまい自滅を待つだけとなるような地点がチラホラ見受けられ、必要以上にトライ&エラーを強要されているようでどうも気に食わない。

・ステージの途中で飛ばすことのできない演出を何度も見る羽目になりかなり億劫。
江戸っ子的に感想だぜぃ!
 制作元が変わったが内容は思った以上に従来のシリーズの延長上にあり、基本的には恐らく新規層の取り込みよりもシリーズのファンが遊ぶことを想定して作られている印象。されど、時代に合わせた大胆なアレンジも色々取り入れられていたり、高難度シューティングについていけないわしみたいなプレイヤーに対する配慮もあるなど、相応に敷居の低さもある。
 (出てから結構経ったけど)現代におけるシューティングのあり方を示したゲームと言えそうなんじゃが、グラディウスはこれを最後にナンバリング作は一切出てないのが至極残念。コナミのやる気の無さ、スタッフが既に霧散した事を思えば、名前だけの新作は兎も角、内容を伴ったグラディウスが出るのはもはや期待できんか。それがちょっと悲しい。

掲載日:2005年8月12日
更新日:2017年6月12日


機種別一覧(PS2)に戻る

レビュートップページに戻る

縮緬遊戯堂トップページに戻る