タビ
メーカー:ソニーコンピュータエンターテイメント
機種:プレイステーション2
発売年月日:2000年3月9日
価格:5800円
ジャンル:シミュレーション


かいたひと : アルツ=ティッシュマン社長

映像 音楽 快適性
&操作感
独自性 難易度・
バランス
ボリューム 総合評価
63
プレイ時間・・・10時間
※映像〜ボリュームは10点満点、総合は100点満点
良ひなり 悪ひなり
・記号化されてる分、本物の花火とは多少違ったイメージはあるが、全体的にグラフィックはそこそこ綺麗。幻想的な雰囲気が良く出てると思いますヨ。

・チュートリアルがしっかり用意されているのが良いね。
・花火の色、パターンが少ない。まあ、あんま色の種類が多くなったりするとわかり辛いし、まとまりがなくなるだろうから仕方ないんだろうけど。

・どんどん打ち上げられる花火を時間内にひたすら爆発させていく、といった作業になりがちで今ひとつ面白みに欠ける。展開がせわしなく、一度守勢に立たされると挽回が難しくなる事が多くなるのもちょっとねぇ。

・操作方法に改善の余地があるように感じた。照準合わせと外しを同じボタンで行うため、花火が密集する場面では思い通りに操作できないことが多かった(もっとも、自分のヘッポコさにも原因はあるんだけど)。
感想じゃ
・何回か遊んでいると徐々に慣れてきてかなり先に進めるようになるのは良いのだが、イマイチ面白いと感じなかったねェ。プレイステーション2というハードの高性能さをアピールするという意味では及第点なのかもしれんが、ゲームとしてはちょっと物足りなさがあるような気がいたすな。

掲載日:05年1月18日


戻る