ぷよぷよ〜ん
カーくんといっしょ

メーカー:コンパイル
機種:プレイステーション
発売年月日:1999年12月16日
価格:4980円
ジャンル:パズル(落ちモノ)


かいたひと : アルツ社長

映像 音楽 快適性
&操作感
独自性 難易度・
バランス
ボリューム 総合評価
67
プレイ時間・・・5〜6時間程度
※映像〜ボリュームは10点満点、総合は100点満点
よかですたい。 だめですばい。
・各キャラクターが持っている『特技』(特技ゲージを貯めた後に発動可、お邪魔ぷよを消したり、相手に降らせたりする効果)は邪道扱いされがちだが、対戦で楽しむ分には悪くない内容だと思う。

・ストーリーモードの他にも色々入ってるので、1人用モードが他機種版より強化されている。
・ステージの変わり目だとか漫才から対戦への移行だとかロード回数が多く、長さも快適とは言い難い。

・性能面で前に出た機種より劣るので仕方ないのだが、解像度が低く発色もあんまり良くないので透明感のあるCGイラストの良さがあんまり活きてない気はする。

・多少バランス調整は入ってる感じはするが、特技の強弱は確かに存在するので、ちょっと不公平感はある。
感想じゃ
 なんか微妙にプレミア価格が入ってしまっていることが多かった本作だが、安物ジャンク○十枚セットの中に運よく紛れ込んでいたので入手に成功。
 まあ、同名の他機種版と基本的には同じ内容なのだが、ハードの性能の関係かグラフィックやロード時間の劣化は否定できず。一方、一人用は若干豪華になっている感じ。『ぷよぷよ〜ん』自体がそもそも『通』のマイナーチェンジの域に留まっていて、更にそれの微調整版と言った感じで新鮮味は皆無なのだが、完成している内容とも言える。

 死にかけのコンパイルが出した据置機では最後から2番目の「ぷよぷよ」だと思うが、色々と新たな試みを入れる事でファン以外にもアピールしたいと言う思惑は透けて見えてたが、やっぱり新規 or 回帰層にアピールするだけのパワーに欠けてる感じはした。
 絵柄に関してはコンパイル時代の方が好きだったな。最近のセガ内製のはイラストのデフォルメのされ方があんまり好きではない。ま、完全に好みの問題ですがネ・・・。

掲載日:2011年9月19日


機種別一覧に戻る

レビュートップページに戻る

縮緬遊戯堂トップページに戻る