ぷよぷよBOX
メーカー:コンパイル
機種:プレイステーション
発売年月日:2000年12月21日
価格:4980円
ジャンル:パズル(落ちモノ)


かいたひと : アルツ社長

映像 音楽 快適性
&操作感
独自性 難易度・
バランス
ボリューム 総合評価
55
プレイ時間・・・7〜8時間程度
※映像〜ボリュームは10点満点、総合は100点満点
良し! いやん。
・対戦モードではバトル開始時にこれまでのシリーズ作品から好きなスタイルを選んで遊ぶことができるのは面白い。

・『1』から『よ〜ん』までに登場した色んなキャラが出ていて賑やか。

・PS系ハードでは初めて4人まで1度に遊べる(個人的には4人なんて集まらんから別にどうでもいいが)。
・何故か操作感が微妙に重い。同じPSで出てた『通』とか、別にそうでもなかった気がするんだがなんで?

・全体的に音割れが酷い。ボイスとかノイズが入りまくりで、最早なんて言ってるのか良く聞き取れないレベル。

・対戦で好きなスタイルで戦えるのは良い点でも挙げたのだが、必殺技の使える『よ〜ん』スタイルが強過ぎる気がせんでもない。

・せっかくこれまでのシリーズに登場した多数のキャラが出てくるのに、漫才デモが無くただの一枚絵ってのは残念としか言えない。アルルしか使えないというのはかなり肩透かしだったり。

・シナリオモードは試みとしては面白いがエンカウント毎にぷよ勝負なのでテンポは凄く悪い。
感想だべじゃ
 「コンパイル製のぷよぷよの総集編、豪華〜〜!」・・・・・・と思いきや、操作感覚が微妙に重くてどうもしっくり来なかったり、色々登場するキャラにしても顔見せ程度で一言も喋らん奴が妙に多かったりで、どうも看板倒れな印象。資金が尽きて作り込む余裕が無かったのかもしれんが、中途半端な出来ではかえってユーザーの心証を悪くしてしまうだけだと思うのだが・・・。

掲載日:2012年11月12日


機種別一覧に戻る

レビュートップページに戻る

縮緬遊戯堂トップページに戻る