俺の屍を越えてゆけ
メーカー:ソニーコンピュータエンタテイメント
開発:マーズ、アルファシステム
機種:プレイステーション
発売年月日:1999年6月17日
価格:5800円
ジャンル:RPG


かいたひと : アルツ社長

映像 音楽 快適性
&操作感
独自性 難易度・
バランス
ボリューム シナリオ 総合評価
90
プレイ時間・・・100〜120時間程度
※映像〜シナリオは10点満点、総合は100点満点
Oh,スバラシイデース!! ぬはッ、そりゃイカンぜよ!!
・長い積み重ねをふと振り返り、その膨大な蓄積っぷりに対してある時はニヤニヤと満足してみてみたり、またある時はしんみりとしてみたり。キャラの寿命は長くても2年弱なので、同じキャラは使い続けられず使い捨てとなる。ただ、そう言った割り切った仕様の中にも家系図やらキャラ間で伝承される奥義やら、歴史を紡いでる感とでも言うか、感情移入しやすい作りになっているのは不思議。

・大まかな目的を提示するシナリオはあるが、基本的にはゲーム開始共にポーンと大海に放り出されて後は好き勝手にどうぞ的なスタイル。自由度が高過ぎて何をすれば良いのかサッパリ・・・と思いきや、意外とバランス的には何とかなるように設定してくれているようで、その辺りは実に親切。その辺りのサジ加減が絶妙。

・戦闘画面での和風テイストな2Dのイラストがナイス。初代PS世代の性能のポリゴンだとどうしても絵が無機質になりがちなんだが、こいつぁ、個性的でよろしいです。

・PS1時代のRPGと言うとどうしてもシーンの切り替え時や戦闘時など長ったらしいロードがあるものだが、このゲームはほぼ皆無で快適。戦闘の回数をこなす必要があるだけに、快適に戦闘が進むのはありがたい。

・音楽の出来はGOOです。どうしても同じ場所・同じ場面を往ったり来たりする必要があるので、それに伴いBGMも同じ曲を結構延々と聴いてるはずなんだけど、場面ごとの使い分けだとか個性付けだとかが巧いんだろうね、これは。
・やることがとにかく単調。大雑把に言ってしまえば、経験値とカネを稼ぐ→高い武器・防具を揃える&よりランクの高い神サマを選んで成長率の高い子供を作る→もっと強い敵と戦いまた稼ぐ・・・、の繰り返し。まあRPGなんて基本そんなもんだが、このゲームの場合、演出とかシナリオでそう言った作業的な部分への動機づけが無い分、露骨に『作業』が浮き出てしまっている。
個人的にはそんなに気にならんかったが、ここはかなり好みが分かれそう。

・フィールドは斜め45度から俯瞰した視点で操作も45度ずれているんで慣れるまではちょっとじれったく感じた。戦闘画面とは異なり、無骨なポリゴン表示のダンジョン・動きの粗いキャラクター等、あんまり綺麗とは言い難い。マップでの操作性そのものもちょっと重たくて快適とは言い難い。

・グラフィックのテイストだとか声優の演技だとか、必要以上にアニメ色が濃い。何て形容すれば良いかよくワカランが、なんか“PCエンジンくさい”とでもいうか(謎)。あれもこれも狙い過ぎていてどうもアニオタ臭がするとでも言えるか。このテイストも人を選びそうだ・・・。

・メモリーカードの容量をすべて食ってしまうのが難点。セーブ時間も長い。
ちょっとちょっと、おニィさん、感想あるよ。
 エート、最近出たPSPのリメイクの方じゃないです、初代PSで出た方のレビューです。前々から気にはなっていたんですがネ、ようやく最近安く売ってるのを手に取って遊んでみた次第です。

 演出とかストーリーで押して来る『ファイナルファンタジー』等のシリーズとはある意味対極に位置すると言っても良い内容。ゲームを開始したら「後はお好きにどうぞ」と放り出されるような恰好にはなるが、バランス的にはプレイヤーが見えないところでしっかり何とかなるように作ってくれてるらしく、意外とストレスを感じない内容。個人的にはどうも頭を使うのが苦手なもので、ゲーム内であれこれと指示される受けのスタイルの方が馴染みがあるのだが、こう言った人間でもしっかり楽しめる作りになってるのはありがたい。反面、同じような作業を延々と繰り返す必要があり、どうしても単調になりがちな部分はある。キャラでなく血を鍛えると言う意味ではすんごく壮大な育成ゲーでもあるんで、チマチマとキャラを育てるのが好きな方には向いてると思う。
 好き嫌いはハッキリ割れる手のゲームだと感じるけど、合う人には合う、そんなゲーム。今だとリメイクも出てるし、PS3ゲームアーカイブスで低価格でも配信されている。気になる方は是非どうぞ。

掲載日:2012年2月6日


機種別一覧に戻る

レビュートップページに戻る

縮緬遊戯堂トップページに戻る