ネオアトラス
Neo ATLAS

メーカー:アートディンク
開発:フリップフロップ
機種:プレイステーション
発売年月日:1998年2月26日
価格:5800円
ジャンル:シミュレーション


広告(良かったら買ってくれぃ)
 
PS1版 攻略本

執筆: アルツ社長

映像 音楽 快適性
&操作感
独自性 難易度・
バランス
ボリューム シナリオ 総合評価
7 9 5 9 7 8 7 82
プレイ時間…20〜30時間程度
※各項目は10点満点、総合評価は100点満点
いいねぃ!たまらんぜぃ!
・「提督の航海の報告を信じるか否かで真実が変わる」というシステムがユニーク。地球の形自体変わっちゃったりも!!自分の選択次第で大陸を作り出していくのが面白いですなあ。とにかく自由度が高く、自分のペースで遊べるのがいい。良い意味での作業ゲー。噛みしめる毎に旨味が出てくる良い味わいの作品かと。

・イベントの種類が多く、それぞれの展開が結構異なるので何周でも楽しめる。

・穏やかな感じのBGMが多く、結構安らぐ……。プレイ中は案外アレコレ探し物でシラミ潰しに常時マップを調べまくる事になるんで余裕はないかも知れんが。

・グラフィックは地味だし荒いが妙な味わいというか変な可愛さはある。
べらんめい!いけねえぜぃ!
・ゲーム開始後突然放り出され、ロクな説明も無いので、シリーズ経験者でないとかなり戸惑うかと。この辺が親切だともっと間口が広くなると思うんだけど…。

・挙動がやや重い。操作に対して若干レスポンスが遅れる感じなのが気になった。

・グラフィックそのものは地味だし、見た目としてもPS1のゲームの中でもやや荒さは目立つ。
てやんでい!感想でい!
 カントー出稼ぎ時代の会社の同僚101どんに勧められて遊んでみたのだが、かなり斬新なゲームゆえ、どっぷり浸かってしもうた。じわじわと航海を進めて地図を作っていく作業がおもしろすぎる。
 ドラクエFF等といった超大作みたいにドカっと面白さが来る類の存在では無いが、じわじわと面白さがにじみ出てくるスルメ的味わいのゲーム。良い作業ゲー。

掲載日:2007年6月1日


執筆: こうちゃ関西営業所長

映像 音楽 快適性
&操作感
独自性 難易度・
バランス
ボリューム シナリオ 総合評価
7 8 4 9 7 8 7 75
プレイ時間…10時間程度
※各項目は10点満点、総合評価は100点満点
やりましたね!ご主人様!(ミゲル風に)
・大航海時代のヨーロッパが舞台で、新しい地を求めて進めていくかなりロマン溢れる雰囲気は素晴らしい。こういう雰囲気のゲームは珍しいんじゃないだろうか。

・実際の史実と通ずるネタが多く、イベントや名産や名所等もよく作り込まれている。世界史に弱い自分でもかなり引き込まれたので、こういう手法で楽しませてくれるのは新鮮だった。

・周回ごとに世界の形や発生するイベント等も多種多様なので自分だけのデータとしての面白味が多い。人によってゲーム内容が大きく異なるのは面白い。
ご主人様!まずいですぞ!(ミゲル風に)
・とにかく動きが重く、マップ移動ですらものすごく重い…。ゲーム内で知りたい情報も分かりにくく、正直言ってプレイは快適とはほど遠い。

・最初のチュートリアルがほぼ無く、いきなりゲーム世界に投げ出されてどうしたら良いのかかなり困惑する。
では、感想をお聞きになりますか?(ミゲル風に)
 中世のロマンたっぷりな面白さに思わず引き込まれてしまうネオアトラス。一般的なシミュレーションゲームとは異なる要素が多く、ついついハマってしまうような面白さがとても良い。

 ただ、自分は2の方から先にプレイした故か、先に出たこちらの方の操作性の悪さはキツかった…。正直言うと今からネオアトラスをプレイしたい場合は快適さ周りで不便を感じる今作よりも、ほぼ内容は同じだが操作性が良くなり遊びやすくなったバージョンアップ版とも言えるネオアトラス2を遊んだ方が快適に遊べるのではないかと。

掲載日:2017年1月23日


機種別一覧(PS)に戻る

レビュートップページに戻る

縮緬遊戯堂トップページに戻る