ドラゴンクエストIV 導かれし者たち
メーカー:エニックス
開発:アーマープロジェクト、バードスタジオ、アルテピアッツァ
機種:プレイステーション
発売年月日:2001年11月27日
価格:6800円
ジャンル:RPG


広告(良かったら買ってくれぃ)
  
PS版       DS版       サントラ

執筆: アルツ社長

映像 音楽 快適性
&操作感
独自性 難易度・
バランス
ボリューム シナリオ 総合評価
7 10 9 9 8 7 8 86
プレイ時間…150〜200時間程度
※各項目は10点満点、総合評価は100点満点
よかですたい。
・ファミコンの名作RPGの移植作。オリジナル版のイメージを崩さずに上手くリメイクしている。ドラゴンクエストシリーズはリメイクが丁寧で好感が持てる。

・難易度はファミコン版よりかなり易しめに調整されている印象。

・AIに戦闘を任せると相変わらずザラキ多用のクリフトが笑える。AIのクセもファミコン版のイメージをある程度踏襲していてネタ的に楽しめる。今回はファミコン版と違って『命令させろ』(=自分でパーティの行動を決定できるコマンド)が追加されたのは嬉しい。AIを使って懐かしみつつ遊ぶも良し、自分で全員に指示を出して計画的に楽しむも良し。

・クリア後におまけダンジョンがあり、ストーリーに大きく絡んできた某キャラが仲間になる。最初から強いので一軍としてガンガン使える。難易度の高い隠しダンジョンも用意され、オリジナル版を遊び尽くしたプレイヤーでも楽しめる要素が用意されたのは良し。

・フィールドで「はなす」コマンドが可能になった。パーティのキャラの心情描写が細かくなったのは◎。
だめですばい。
・先にプレイステーションで出た『7』のエンジンで作られているのだが、ファミコン版と異なり町やダンジョンもポリゴン化。全体的に出た時期と比べると画面が粗いのは7と同様で、オリジナル版より見辛くなった部分も。

・クリア後に仲間になる某隠しキャラが非常に強い。頼りになるのは嬉しいのだが、既存のキャラよりも強過ぎて、バランスという面では微妙かも。特に、ライアンと比べるとすべての面で上回っているので、彼がちょっと可哀想だったり。

・ファミコン版に比べマーニャ(魔法使い系)が意味不明な程の強化がなされ、レベルが上がると何故か力やHPまでメキメキ育つのが少々謎。その上がり分、ちったぁトルネコやブライにわけたってください…(苦笑)。
感想なり。
 2001年の夏ごろ、ファミコン版の4が無性に突然やりたくなって遊んだんだ。5章まで逝ったところで消えて泣きそうだったんだけど、その後、このプレイステーション版の発売が明らかになった。タイミング的に良いのやら悪いのやら。ま、結局このPS版も発売日に買っちゃったんだけど。
 基本的には『7』の素材の流用で手抜きっぽさもなくはないけど、相変わらず隙の無いリメイクっぷりとは言えそうな。ファミコン版と比べるとAI強制だった5章でちゃんと仲間に指示を出せるようになった点は大きい。追加された6章はシナリオ的に賛否割れそうな感じはあったが、まぁ基本的には良リメイクと言えそうですな。

掲載日:2004年7月22日
更新日:2017年10月31日


機種別一覧(PS)に戻る

レビュートップページに戻る

縮緬遊戯堂トップページに戻る