パラノイア
メーカー:ナグザット
機種:PCエンジン
発売年月日:1990年3月1日
価格:5800円
ジャンル:シューティング(2D・横スクロール)


かいたひと : アルツ社長

映像 音楽 快適性
&操作感
独自性 難易度・
バランス
ボリューム 総合評価
52
プレイ時間・・・5〜6時間程度
※映像〜ボリュームは10点満点、総合は100点満点
Goodですわい。 BooBooじゃのう。
・いやー、何と申すか…奇妙過ぎる。作った人の精神状態が心配になるヘンチクリンさ。ここまで逝っちゃってる感を全編に散りばめられるってのもある意味では凄い才能だ(一応褒め言葉)。『MOTHER』で言えば全編通して『ムーンサイド』みたいな感じだなァ。

・自機のショットのパワーアップは無いものの、オプション的な装備があり、オプションは配置を前後左右に変更できる。アイテムを取る事でオプションから発射する弾が強化される。敵の弾を消したりできるため、その扱いが攻略のカギを握る作りで面白い。

・見た目やBGMはともかく、ゲームそのものはややバランスで難を抱えるもののそつなく遊べる内容ではある。
・あのー、何と申すか…奇妙過ぎる。目に悪い配色、突然現われる“ほら貝”や腐ったリンゴ、画面中暴れまわる能面とか脈略も統一感も無い敵のデザイン、テケテケした妙な味わいのBGMはいかにもオウムかなんかのテーマ曲チック。で、とにかく不気味。

・後半の面で顕著なんだが、背景なんだか地形なんだか分かりにくい部分が多いのは困る。配色も原色・蛍光色剥き出しで目に悪い…。

・1ミスするとパワーアップが全部剥がれて復帰もままならずゲームオーバーがほぼ確定してしまうってのが辛い。もうちょい救済措置があっても良かったと思うが。せめてオプション装備くらいはデフォルトであっても良かったような気がする。

・1周目をクリアすると敵が強化される2周目が始まる…のは昔のシューティングにありがちなのだが、その難易度の上がり方がトンデモナイ!!超高速の敵弾の嵐・打ち返し弾の発生で手も足も出なくなる。キ、キツイ…。
THE 感想。
 うひゃーー!こいつぁあすげえ…。世界観が完全に逝っちゃってますなぁ…。バランス・ボリューム面でちょっと厳しいところはあるけども、1周目くらいならなんとか最後まで遊べるレベル。この作品全体を覆う感触の気持ち悪さはなかなか他では体験できない凄まじさ。色々絶句する事間違いなしな内容なんで、物好きを自認する方、Wiiのバーチャルコンソールかなんかでどーぞ!

掲載日:2013年5月6日


機種別一覧に戻る

レビュートップページに戻る

縮緬遊戯堂トップページに戻る