メーカー:ナムコ
機種:PCエンジン
発売年月日:1988年12月16日
価格:5500円
ジャンル:シューティング(2D・縦スクロール)


執筆: アルツ社長

映像 音楽 快適性
&操作感
独自性 難易度・
バランス
ボリューム 総合評価
8 7 6 7 6 6 72
プレイ時間…10時間程度
※各項目は10点満点、総合評価は100点満点
よかですたい。
・多彩なパワーアップが面白い。パワーアップするごとに自機ドラゴンのデザインや色が変わるので見た目も楽しめる。

・ライフ制を採用しており、ミスしても即死しないのがありがたい。

・グラフィック、サウンドはなかなかキレイ。風景の描き込みが細やかなのも高性能機種ならではか。
だめですばい。
・アイテムをかえって攻撃範囲が狭くなる事が多かったり、変形して当たり判定がデカくなったりすることもあるのにはちょっと困った。

・ファミコン版より難易度はかなり高い。シューティング慣れしてないとちょっと辛いかも。
感想なり。
 変身のバリエーションが多く、見た目でも楽しめるのがいい。シューティングとしても根っこの部分が良くできていて楽しめる。なかなか爽快感のある良作と言えるでしょう。チト難易度は高いけど。

掲載日:2008年9月8日


機種別一覧(PCエンジン)に戻る

レビュートップページに戻る

縮緬遊戯堂トップページに戻る