ョン 
 for Windows

メーカー:チュンソフト
機種:ウインドウズ(98/2000/Me/XP)
発売年月日:2002年12月20日
価格:オープン価格
ジャンル:RPG(ローグ系)


かいたひと : アルツ社長

映像 音楽 快適性
&操作感
独自性 難易度・
バランス
ボリューム シナリオ 総合評価
10 89
プレイ時間・・・80〜100時間程度
※映像〜シナリオ&ボリュームは10点満点、総合評価は100点満点
良いところでござる 悪いところでござる
---移植元ソフトと同様の点---
・ダンジョンの種類が豊富。天輪国上級をクリアすると一旦エンディングを迎えるが、そこまでは小手調べで、さらにダンジョンが沢山用意されており、ボリューム面では不満なし。罠を駆使するダンジョン、杖や巻物だけで先を目指す今までにあったタイプのダンジョンに加え、秘技と呼ばれる技を使うことができる「クロンの試練」といった斬新なダンジョンもある。ドリームキャスト版より更にダンジョンが増え、心行くまで不思議のダンジョンを満喫できる作りなのが嬉しい。

・見た目は前作「風来のシレン2」に似ているが完全2Dとなっており、細かい描き込みが美しい。また、操作性が向上しているのも嬉しい。

---新たに思った点---
・ドリームキャスト版では長くてストレスになっていた読み込みもPC版では全く気にならない。快適に遊べるのが嬉しいねぇ。

・キーコンフィグが可能となり、自分の慣れたゲーム機と同じ配置に設定できるようになったのがPC版「月影村の怪物」から進化点。まぁ、あって当たり前って感じもするけど。
---移植元ソフトと同様の点---
・合成の印を増やしたり、腕輪を壊れなくしたりするアイテム「風魔石」がレアすぎる。縛りが強過ぎて自由に合成する楽しみが味わえない。

・最近の不思議のダンジョンシリーズではお馴染みの初心者向けの導入ダンジョンは用意されておらず、最初から難易度は高めであるため、シリーズ未経験者にはキツい内容かも。

---関係ないけど一言---
・すごいプレミア価格になっている。再販するなり、他機種で出すなりすれば、だいぶ利益も出そうなものだが・・・。
感想でござる
 個人的にはシレンシリーズの中では元祖に次ぐ完成度の作品と思ってるこのアスカがPCに移植され、わざわざ押入れからドリームキャストを引っ張り出さなくてもよくなったと歓迎し、一時期再ブームが到来しておりました。ロード時間ナシで楽しめるのがよかったです。

掲載日:2007年11月19日
更新日:2010年12月12日

関連作品のレビューはこちら!
風来のシレン外伝 女剣士アスカ見参! (2002年・DC)


機種別一覧に戻る

レビュートップページに戻る

縮緬遊戯堂トップページに戻る