スプラトゥーン2
メーカー:任天堂
開発:任天堂 企画制作本部
機種:ニンテンドースイッチ
発売年月日:2017年7月21日
価格:6458円
ジャンル:TPS


広告(良かったら買ってくれぃ)

執筆: アルツ社長

映像 音楽 快適性
&操作感
独自性 難易度・
バランス
ボリューム 総合評価
9 9 7 8 8 9 88
プレイ時間…450〜500時間程度
※各項目は10点満点、総合評価は100点満点
良いでごわしょう、坂本どん。
・↓の欄で「WiiU版とあんま変わらん」とは言ってはおるのじゃが、『1』の時点で完成されたゲーム性を持った傑作である事は事実で、細かい部分で改善された箇所も多い本作も少なくとも"良作以上"の範疇に入るのは間違いない。様々なモードはあるが、基本は地面を塗りたくって陣地を広げる。このシンプルながら奥深さを持ったゲーム性が秀逸

・小気味いい効果音とスイッチさんジョイコン(持ってないから試してないけどProコンもか)の特長であるHD振動も臨場感と快感UPに一役買っている。

・グラフィックはパッと見ではそれほど前作とは変わらんが、細かい部分の描き込みなり質感なりは確実に上がってはいる。BGMも相変わらずのウニョウニョぶり(↓で挙げた通り、わしとしては前作の曲調の方が好きだったけど)。グラフィックをウリにしていたゲームでは無いが、それなりに恩恵も感じる。ジャイロ操作メインなので個人的には携帯モードではほぼ遊ばんが、ほぼ劣化ナシで遊べるのもある意味では凄い(ゲームによっては目立ってショボくなるので尚更)。

・WiiU以上に無線接続の本体が増えそうな事で危惧しておった通信状態だが、とりあえず今のところは安定。前作と比べると敵方のワープとか変な動きは減った気がする(まぁ現状ではあまり外人さんと見られるユーザとあまりぶつからんので、まだ「良くなった」と断言はできんけど。)。

・前作では10〜20回に1回くらいはあった欠員アリのゲームが今回は少なく安定している印象。今のところサーモンランで1回味方が1人欠けた以外は欠員があった試合もナシで概ね安定しているのは良し。

・新モードのサーモンランは対戦でなく協力がキモとなる内容で新鮮。強引に例えるなら『無双のワラワラ&バッサリ感』+『モンハンの共闘感』が味わえるモード、とでも言えるか。
そりゃイカンぜよ、西郷さん。
・『2』とは名乗ってはいるもののバージョンアップの域に留まっているように感じられ、新鮮味には乏しい。個人的には新作を遊んでるって感覚はあんま無い。いや、楽しい事にゃ間違いないけどもな。

・対戦モノのゲームにありがちな『続編でのシステムの複雑化』は本作でも見られる感じはする。具体的に挙げるならば代表的なのはスペシャルであり、前作に比べると効果の程がわかりにくい・デメリットがやたら大きいせいなど分かりやすさの部分で見劣りする(スキだらけで考え無しで発動すると格好の的になる、やたら硬直時間が長い等)。

・液晶の有無を除けばコントローラのボタン配置はWiiUと一緒なのに前作とは異なる操作になっている。ジャンプボタンが特に困りモノで、Xボタンを押すとマップが開いてしまい混乱する。全体的に右手に負担が集中する操作体系なんで、空いてる左側のボタンに分散させられるようキーコンフィグがあれば良かったのだが、任天堂ってこの点クソ頑固で、意地でもキーコンフィグ付けないのよねー…。悪癖としか言えんと思う

前作であった特設サイト・イカリングの機能(現在・次のステージなりフレンドの状態なりを確認できる)がスマホ・タブレットのアプリに全て退避してしまい、スペックを満たすスマホを持たんユーザはバッサリ切り捨てられているのが実に不親切、そしてそれに該当する(時代遅れな)わしとしては物凄く不愉快でなー…。デス数表示にしても「表示して負けた戦犯探しになるから一切表示しない」ならまだ理解できるが、アプリ側では普通に表示されるならその理由も通用しない。明らかに理解に苦しむ仕様。

・スイッチさんで先に出たARMSの体験版でも感じた事だが、システム・操作周りに対する説明不足感がある。「習うより慣れろ」で自然に習得できる任天堂流の作りも悪いとは言わんしそれが出来るのが任天堂の強みとは思うが、ARMSの時と言い今回と言い、ちょっと投げ出し過ぎで説明が無いと気付かんような要素が多い気も。その点で『2』から入る初心者さんには不親切であり、新規層の切り捨てやじわ売れの鈍化に繋がらんか少々懸念してしまうわしである。

・好みの問題な気もするが、曲は前作よりどこかトリッキーでメロディラインが弱い物が増えた印象。個人的には前作の明快な曲の方が好きだ。

・スプラトゥーンってゲーム自体が液晶付きコントローラだったWiiUゲームパッドに最適化された物だけに、今回のもろもろの変更点(特にマップ周りの仕様)はちょっと強引であり慣れは要る。『2』で入った人は気にならんとは思うが『1』経験者だと「操作周りがちょっと劣化したかな」って思う部分もあるとは思う。

・アップデートのスピードが遅い。完全新規のブキは少なく、前作でもあったブキを再び加えているのが大半。前作よりもステージ毎の個性に乏しい(全体的に似た感じのステージが多い)のも気になるところではある。

・良いとこでも挙げた通信状態だが、概ね安定しているとは言え、サーモンランでたまに目立って接続状態が悪くなり連続して切断する事がある。んー、オン有料化でこれは…。
感想ってもんだぜ、べらんめい!
 『2』とは付いてるけど、遊んだ感覚は殆どWiiUの『1』と変わらず。正直、あんま新作を遊んでるって気はしない。ただ、文句なしの傑作だった『1』を2年以上に渡って遊べており、スムーズに移行できた事を思えば、内容面ではしっかりまとめられとるとは言えそうな。『1』経験者なら文句なしで買い。
 ただ、他の対戦モノでも見られるけど、システムの複雑化が少々引っ掛かり、説明不足感もあり初心者さんの誘導・ハード初期の最大のキラーソフトとして長期のジワ売れでのハード牽引が巧く作用するかはちょっと微妙かもしんない。

 内容的には間違いなく良作以上で、また長期に渡って楽しめる事は間違いないと思うが、あえて変えてきた操作体系(キーコンフィグも無し)とアプリに全退避させてゲーム側やPCからは一切確認できない戦績・スケジュール周りなどは明らかに不便だし、それを利用できるユーザを限定しているのもあり得ない(スマホ持ってないマンを差別すんなYO!!)。その点は早急な改善を求む。ま、あくまでオレ流を貫き通し、少数派をアッサリ切り捨てる任天堂だから、恐らくわしみたいな少数派は綺麗に無視されるけどな!(※半ば諦めの境地)

掲載日:2017年7月24日
更新日:2018年8月7日


執筆: こうちゃ関西営業所長

映像 音楽 快適性
&操作感
独自性 難易度・
バランス
ボリューム 総合評価
9 8 7 8 8 10 88
プレイ時間…500時間程度
※各項目は10点満点、総合評価は100点満点
に"っ!(ナイス!なところだぞ)
・基本的な面白さは前作と変わらず、とにかくしっかりと作り込まれていて誰でも分かりやすく楽しめるというゲームシステムは健在。相手を倒しまくって本気でプレイしたい人はガチマッチに行って倒しまくればいいし、ひたすら塗って気軽にエンジョイしたい人はナワバリバトルに潜ればいい。初心者から上級者まで、自由に楽しめるというゲーム性はおおよそ引き継いでいる。

・ゲーム全体の複雑さが増してきてはいるものの、その複雑さを駆使しきれると前作以上にテクニカルな対戦が出来るようになって楽しい。ある程度のゲームの腕前が無ければテクニックを駆使しきれないという弊害もあるが、ゲームを深くやりこんでテクニカルなプレイを楽しみたい人にとってはプラスに働いている仕様でもある。

・取り合えず塗ればチームに貢献できる、相手を倒す事だけが目的ではないといった一般的なTPSとは違う独自の直感的な面白さというのも順当に引き継いでくれている。下手に根こそぎ変えたりしなくて良かった。

・相変わらず新キャラやらの独特の世界観のセンスは良い感じで。キャラのモーションも細かくなっていて表現豊かになったのも大きいかと。細かなキャラの背景が見れるヒーローモードのミステリーファイルやオクト・エキスパンション内の演出等も中々面白い。

・新しいオンラインモードの一つであるサーモンランがかなりハマる。普通の対戦とは違い敵が大量のシャケと呼ばれるコンピューターが相手で、細かく変わるブキを使いこなして仲間のプレイヤーと共にクリアしていくのが楽しい。こういう画期的な新モードはメリハリがついて宜しいね。

・新しいゲームミュージックだが、独特の転調が強い曲が多くて面白い。自分は前作の曲調の方が特に好みだが、これはこれでも悪くない。

・ブキやステージもかなり追加された上に、サーモンランやガチマッチも非常にやりこめるのでとってもボリューミー。ゲームシステムが気に入ればのめり込む事間違いなし。

・プライベートマッチではバトルに参加せず観戦だけをする事が出来るシステムが追加され、非公式で大会を行ったりする時等に便利なようになった。8人のプレイヤーごとの視点で見れるだけでなく全体図を見たりとカメラチェンジもスムーズで実況等で使うには打ってつけ。

・前作ではラグが酷い相手だとワープしたり塗り状況が的確に反映されなかったりしていたが、2ではわりとラグが軽めな模様。試合が始まってからはラグによる理不尽な要素にはあまり悩まされにくくなった。

・前作でも処理落ちは少なかったが、今作では処理落ちはほぼ皆無と言ってよいほど快適に動く。サーモンランではかなりの数の敵が登場するわけだが、それでも全く問題なく動くのは凄い。前作ではボムラッシュ使用時に多少処理落ちする事があったが2ではそれらも無くなった。

・今回もロード時間が短くてサクサク進められる。さらにブキやギアの数が多くなってくると探すのも面倒だったが、ソートが追加されて見つけやすくなった。全体的に目立ったバグも無くて快適。

・本作のDLCのオクト・エキスパンションもしっかり物量を感じられた。流石に凄まじいボリュームだったゼルダBotWのエキスパンションパスほどのボリュームでは無かったが、値段のわりにボリューム不足感がある昨今のゲーム界のDLCの中ではガッツリと楽しめるだけのボリュームがあった。
に"に"っ!!(バッド!なところだぞ)
『に"に"っ!!(バッド!なところだぞ)』

・まず基本的な事として、前作と同じくこのゲームはオンラインが無いと大半の面白さが感じられない。オフラインでもswitchを持ち寄って対戦したり、ヒーローモードをプレイする事も出来るがそれらだけではこのゲームの面白さの内の一部分しか楽しめない。こればかりは元々のゲームシステムとしてどうしようもないのだが、オフラインでこのゲームを楽しみきるには不備が大きいので注意。

・ゲーム全体の複雑化が進んでおり、間口の広さが良かった前作独自の良いところが薄れてきた。細かなブキのテクニックの追加や、スペシャルウェポンを的確に使わないと効果がしっかり発揮出来なくなっていたりと、ゲームシステムをよく理解する必要が増えてきている。

・バトルが終わった後に敵を倒した数を見れるのは前作と同じだが、何故か自分が倒された回数は表示されない。代わりにスペシャルを発動した回数が表示されているが、正直スペシャルを発動した回数よりも自分のデス数の方が知りたい。さらにキル数は仲間と協力して敵を倒したものもカウントされるので、正確な数字をパッと見る事が出来ない。スマホのゲーム連携アプリを使わないとデス数等の細かな情報が見れなくなったのは改悪。

・対戦時に仲間が回線落ちしてもこれといったリカバリーは無く、こちらが一方的に不利なのは変わってない。さらに負けても、仲間が回線落ちしたタイミングによっては少なめではあるもののウデマエがキッチリ下がるのも変わらず。回線落ちした人に対するペナルティは大きくなっているようだが、普通にプレイしてるプレイヤーが悪い訳ではないだけに、これは前作に引き続き合点がいかない。

・ウデマエが数字で表示されなくなり、おおよその見た目でしか判断出来なくなっている。ウデマエが上下するメカニズムについても大した説明が無いので判断がややこしい。

・ゲームの問題というよりかはswitchのコントローラーとの相性の問題なのだが、最初にswitchを買った時に付属しているジョイコントローラーは小さめでジャイロ操作による狙いが少しつけにくい。さらにジョイコンはスティックが小さいのでキャラを激しく動かすスプラトゥーン2では操作が少し難しいのも難点。switchのPROコントローラーを使うとマシになったが、追加で7000円ほどかかるのでこれも負担になってしまう。

・前作とはジャンプのボタンがXボタンからBボタンに変わっており、前作に慣れ親しんできた身としては慣れるまで難儀した。キーコンフィグで配置を自由に変えられるようにすることも出来ただろうに。

・ローラー、マニューバーといったブキにはジャンプボタンを併用して使える特殊なアクションが存在するが、ジャンプ射ちを多用するこのゲームでは慣れるまで暴発が非常に多い。例えばローラーの特殊なアクションは縦振りで、縦振りが暴発しないようにするための対策としては射撃ボタンを押した後にジャンプをする事だが、素早く行うと縦振りの受け付け判定が残っているのか縦振りのアクションが暴発してしまう事がある。

・ゲームバランスだが、前作以上に弱いブキ、弱いスペシャル、弱いギアといった物が目立つ。前作でも強弱はあったが、2ではちょっと多くなったように思う。→【追記】弱いと言われていた物の殆どに修正が入り、現在はバランスがだいぶ良くなった。優劣ももちろんあるが、許容範囲には収まってると思う。

・新モードのサーモンランだが、リアルの時間帯によってプレイ出来る時と出来ない時がある。普通のバトルと同じようにいつでも出来るようにしてもそこまで問題無かったのでは?

・ゲーム内にはサーモンランの開催時間が表示されてはいるが、このゲームのスマホアプリであるイカリング2には通常のバトルは分かるもののサーモンランの開催時間は見れない。→【追記】イカリング2からでも見れるように改善された。ただサーモンランのこれまでの戦績を見返す事は出来ず、サーモンラン内で悪質なプレイヤーが居ても通報する事が出来ないのはちょっと不満が残る…。

・オフラインで友達と対戦する時は人数分のswitchとソフトが必要。おすそわけプレイがウリでもあるswitchだが、switchを持っていって外出先でジョイコンをおすそわけして遊ぶといった事も出来ない。一つの画面を見合ってプレイすると面白味が減るゲームなのは分かるが、何らかの形で一緒にプレイが出来るようなのが有っても良かったかもしれないなと。

・初期の頃はステージ数やブキ数も少ないので物量面での寂しさがあった。現在は追加要素も多く追加されたのでボリュームは十分になっているが。

・前作ではタッグマッチを三人で組んだりフェス中でも二人組でタッグを組んで挑んだりする事が出来たのだが、本作はフェス中は四人タッグのみ、普段は二人タッグと四人タッグのみになっている。この仕様のせいで人数集めに四苦八苦する事も増えてきたので、どうにも不便さを感じる。

・マップに表示されるビーコンが見辛い。明るめの色合いの背景と同化してしまっているように見える。初期から結構突っ込まれている事ではあるのだが、一年近く経った現在でも変わらず…。建物の陰に配置すると全く見えないのはなんとかしてほしい。

・本作から主に使われている文字フォントが新しくなっているが、前作の丸っこいながらも大きめな文字フォントの方が良かったような。二次創作でイカ文字フォントが作られるくらい好評だったのに、新しいフォントに変えた理由がよく分からない。文字も細く小さくて少し見にくくなったように思う。

【以下、不確定な事なので得点には反映していないものの不満に感じた点】

・非常に長文になりますがご了承を…。『弱ブキ垢BAN騒動』について。2017年の末から2018年の初めにかけて起きた、本ゲームの中で起きたある騒動が非常に問題だった。このゲームは悪質なプレイヤーを通報出来る機能が存在し、悪質なプレイヤーであると判断された場合そのプレイヤーのアカウントを一定の期間の間オンライン対戦が出来ないようにする措置が存在する(通称『垢BAN』)のだが、この垢BANされる基準が実際に問題行動を起こしたか、ではなく、実際は通報された件数によって垢BANされる傾向があるという事がプレイヤー達の中で広まってしまった。そしてこのゲームにもいわゆる『弱ブキ』と言われている他のブキよりも弱いと評価されがちな武器が存在しており、自らの腕前を激しく競うガチマッチ
において弱ブキを持ってプレイするプレイヤーを良しとしない身勝手なプレイヤー達が、その弱ブキ使いのプレイヤー達を言われもない理由をつけて通報するという動きが広まってしまった。結果として弱ブキ扱いされていたチャージャー系やパブロ系といった『弱ブキ』を使っていたプレイヤー達が垢BANを食らう事になり、多くの弱ブキ使いが被害を被る事になっていた。自分も弱ブキの筆頭と言われていたパブロを多く使ってガチマッチをプレイしていたからなのか、この弱ブキ垢BANを食らってしまい二週間の間オンラインプレイが出来ない被害を受けた。この件について任天堂に問い合わせても返事は非常に素っ気なく、『問題の行為があった為に二週間の垢BAN措置を取らせてもらった』の一点張りで対応も粗雑だった。被害を受けたプレイヤーは全く悪くなく、このゲームの本来のプレイスタイルでプレイをしているだけなのにこのような被害を受けたのは迷惑極まりなく、あまりにも酷い。自分は煽りや改造等といった悪質なプレイは全くしてないはずなのだが、無自覚の内に通報案件になる行為をしていた可能性もあるだろうし、実際はこの一連の騒動自体が全く空想の産物であった可能性も決して0%ではないので点数には敢えて影響させないでおくが、もしこれが事実であるとすれば対応も御粗末極まりなく、あんまりである。2018年1月後半に行われたアップデート以降は何らかの措置が入ったらしく当問題はおおよそ解消されたが、その措置が入るまでは弱ブキ使いも怯えているままの日々を強いられていた。
…(コメントだ)
 新要素も数多く、また新しいスプラトゥーンを楽しめるような作りになっており、基本的には前作と同じ感覚で楽しめるという事は分かる。前作はもう基本の時点でクオリティが十二分に素晴らしかったので、その面白さは変わらずに引き継いでいると言える。
 スプラトゥーンのゲームシステム自体が一般的なTPS、FPSゲームよりも間口が広めなシューティングゲームになっていると思うが、前作よりも上級者向けになって初心者への敷居が高めになっている感じはある。初心者だと対応が難しいような、ゲーム全体の複雑化が増えているからである。
 ただ複雑化しているという事は、それだけやり込みプレイをしている人にとっては面白味が増すということでもある。『ガチで塗り合う時が来た!』というスプラトゥーン2のキャッチコピーだが、結構当てはまってるキャッチコピーだと思う。ガチ対戦を好む上級者の方々にとってはかなり良点と取れる仕様が増えているからである。

 前作の時点で問題だったところを改善している点もあるが、そのまま引き継いでしまっている点もある。仲間が回線落ちした時にも、場合によっては自分のウデマエが下がるのが一例で、これらなどを変更しなかったのはちょっと残念。2から新たに出てきた問題もあったが、それらの多くはアップデートで改善されてるのは良かった(ただし新たに発生した問題でもある『弱ブキ垢BAN』だけはかなりの大問題だったが…)。
 ジャイロセンサーを用いたエイムの仕様やマップ操作の仕様等はWii Uのハード性能を元に作られた面があるのでSwitchという機種との相性の悪さを感じる事もあるが、まあそれらも慣れれば気にならない程度か。前作から入ると最初は違和感を覚えるが、慣れればこれでもそこまで支障はない。
 敷居が高めになったというのは前作から明確になった違いではあるが、そうは言ってもスプラトゥーンというゲーム自体がよく出来ているゲームなので一つのゲームとしてはかなり面白いのは間違いない。ついついプレイに熱中してしまうような画期的かつ、よく作り込まれている奥ゆかしいゲーム性には敵わない。
 
 前作がプレイしてすぐに面白さが分かるイカソーメンのような美味しさと言うならば、スプラトゥーン2はそれに加えてスルメのような噛めば噛むほどさらに味が出るようにもなったゲームとでもいうべきか(分かりにくい例えだけど)。その証拠に自分は一年近く経った現在も、スルメを食べ続けるかのように長くハマりこんでいる。国内では既にswitchを所持している人の半数以上がスプラトゥーン2を持っていると言われているが、残りの半分の方々はせっかくswitchを持っているのにスプラトゥーン2をプレイしていないのは勿体無い。現在は問題も多く解消されていて初期以上に丁寧な作りの良作ゲームに仕上がっているので、少しでもビジュアルに興味が湧いた人は是非遊んでみてほしい。

掲載日:2017年7月24日
更新日:2018年8月7日


機種別一覧(NS)に戻る

レビュートップページに戻る

縮緬遊戯堂トップページに戻る