ポケモンクエスト
メーカー:ポケモン
機種:ニンテンドースイッチ
発売年月日:2018年5月30日
価格:基本無料
ジャンル:シミュレーション


執筆: アルツ社長

映像 音楽 快適性
&操作感
独自性 難易度・
バランス
ボリューム 総合評価
7 6 4 5 5 6 53
プレイ時間…2〜3時間程度
※各項目は10点満点、総合評価は100点満点
良いのじゃ!(オーキド博士風に)
・四角で統一された世界観やUIデザインとかはオシャレだし見栄えもいい。

・ポケモンの動きも意外と凝ってて、見てる分にも楽しめる。

・ほっといてもある程度進めるし、他のゲーム(携帯機)とかと並行して遊ぶ分には丁度いい内容とは言えるかもしれん。

・初代のポケモンばっかなんで、最近のにあんまついていけてないわしみたいな古参のポケモンユーザには優しい作りと言えるのかも。
イカンのじゃ!(オーキド博士風に)
・UIの出来が悪い。完全にタッチ前提の操作であり、コントローラで遊ぶのに最適化されていないので、コントローラ操作だと必要以上にストレスを感じる作り。せめてカーソルの移動くらい最適化してくれても
…(コントローラで遊ぼうが画面上に指のアイコンが出て意地でもタップ操作を要求される)。メニューの階層移動が多い上に細かい読み込みが多いのも気になる。

・良くも悪くもスマホゲー的で薄味な印象。技の発動とか敵との位置取りとかプレイヤーが介入しようと思えばひっきりなしに操作できてしまうため、「見てるだけ」にはならんのだが、かと言ってプレイヤーが行った操作に対して結果が得られたのか、勝手に放っておいても同じ結果だったのか、ゲームからのフィードバック要素が少なくて、どうも感覚的に物足りなさを覚えてしまう。正直、わざわざゲーム専用機で出す内容でも無いような(※実際スマホでも出るゲームだが)。

・育成においてもランダム要素が多く、プレイヤーが狙った方向性に意図的に育てるのが非常に難しいので、その辺が思い通りにならんとストレスを感じやすいタイプの人にはまるで合わん内容かと思う。

・経験値、各種素材のたまり方が遅いので、稼ぎの作業が必要。どっか水増し的なバランスであり、ゲーム内容と相まってプレイが単調となりがちで苦痛。一方ではプレイに必要なスタミナは速攻で切れるので、稼ぎのために回数をこなそうと思ってもこなせない。そういう意味では基本無料とは言うけれど結構な課金が前提になってんのかな。3DSのポケモンピクロスなんかの時も思ったけど、課金要素をこの辺に絡めてくるのが微妙に嫌らしい。まぁわし、この手のゲームにゃ意地でもカネ使わんけどな!
おじさんのきんのた…じゃないよ、感想だよ。
 スイッチさんでも出てるけど、内容は完全にスマホアプリ寄り。介入できる要素が多いから「放置して見てるだけ」とまでは言わんが、プレイヤーの介入で戦闘の結果が変わってる実感が極端に得られにくい内容で、どうも手応えが足りない。ゲームとしては正直薄味かなーって感じ。見て楽しむ分には良いけど、じっくりやるにはモチベーションが維持できず、どうも辛い。率直に楽しいかどうかって言うと、微妙である。ま、タダのモノにアレコレ文句付けるのもアレなんだけどな。
 良く言えば『カジュアルでオシャレ』なんだろうが、アプリゲー嫌いのわしからすると『薄い』・『タッチ強要がイヤ』っていうマイナス面が気になってどうも素直に楽しめないな。

 しかし…スイッチ発売前には「まんまタブレットのスイッチがスマホアプリ移植の溜まり場になるのでは?」とか危惧しつつもそうはならず、って経過を辿っていたワケだが、今になって任天堂に近い存在の株ポケからこういうモンが出始めるってのは…ちょっと危険な兆候かもしんない、大丈夫だろね?(苦笑)

掲載日:2018年6月12日


機種別一覧(ニンテンドースイッチ)に戻る

レビュートップページに戻る

縮緬遊戯堂トップページに戻る