ピクロスS
メーカー:ジュピター
機種:ニンテンドースイッチ
発売年月日:2017年9月28日
価格:800円
ジャンル:パズル


広告(良かったら買ってくれぃ)
 

執筆: アルツ社長

映像 音楽 快適性
&操作感
独自性 難易度・
バランス
ボリューム 総合評価
6 7 8 6 7 6 68
プレイ時間…7〜8時間程度
※各項目は10点満点、総合評価は100点満点
よひですぞ。
・シリーズ伝統とも言える操作性の良さは健在と言ったところ。同ジャンルの他メーカのソフトと比べると、この点で頭一つ抜けた出来。正直多少キレイになった以外は過去作と代わり映えしないが、出来自体は良い。

・問題は過去作よりも若干難易度が上がったか。とは言えど、簡単過ぎず難し過ぎず、妥当な範囲内に収まっているとは言える。この部分のバランスの良さもジュピター製ピクロスの良さと言えそう。
だめですなァ
・内容的にはハード性能に合わせて多少グラフィックが良くなった以外はニンテンドー3DS時代の『ピクロスe』シリーズと大差無い。にもかかわらず値段が据置機価格って事で若干値上がりしてしまった。高いってくらいでも無いが、過去作ほどのリーズナブルさも感じない。

・ピクロスeシリーズから継続した欠点として、通常のピクロスとルールの異なるメガピクロスで完成する絵が同じ…ってのが挙げられる。親切過ぎる程にヘルプ機能やお助け要素があるんで、問題の解答を一緒にする救済措置はもう要らんと思うが。
感想じゃ。
 うんまぁ、いつも通りのピクロス。それ以上でもそれ以下でも無いとは思うが、根っこの部分の出来が良いだけに安心して楽しめる。なお、ちゃっかり2人同時プレイとか可能になってるのだが、一緒にピクロスを遊ぶ相手が居ないんで、そっちは評価には反映させとらんです。

掲載日:2017年11月7日


機種別一覧(NS)に戻る

レビュートップページに戻る

縮緬遊戯堂トップページに戻る