ARMS
メーカー:任天堂
開発:任天堂 企画制作本部
機種:ニンテンドースイッチ
発売年月日:2017年6月16日
価格:6458円
ジャンル:アクション(3D・格闘)


広告(良かったら買ってくれぃ)
 

ついでにのびーる孫の手でもどうぞ。

執筆: こうちゃ関西営業所長

映像 音楽 快適性
&操作感
独自性 難易度・
バランス
ボリューム 総合評価
7 8 8 10 8 7 82
プレイ時間…50時間程度
※各項目は10点満点、総合評価は100点満点
バネバネッ!マジパネー結果です!!
・メインの操作方法である『いいね持ち』はこれまでのゲーム史の中でも珍しい持ち方で、パンチを繰り出す時は実際にジョイコンを振ってパンチを繰り出し、移動をする時はジョイコンを移動したい方へ傾けるという直感的な操作方法。二世代前の機種であるWiiの時にも、同じようにWiiリモコンを振ったりして直感的な操作でプレイするゲームが存在したが、本作はそれ以上にゲームらしさが増した作りになっているように感じる。

・腕が伸びて攻撃するという所に最初は奇抜さを感じるが、しばらくするとコレが独特の面白さに繋がるという事に気付いてくる。ARMSはコンボの上手さや読み合いが必要な一般的な格ゲーとは違い、攻撃の差し合いやアームの特性を活かした立ち回りが特に求められるので、既存の対戦ゲームとはまた違った独自性の高い面白さがある。

・一般的な格ゲーとは違ってどのキャラも基本は同じなので、通常技やコマンド技等を覚える手間がある格ゲーとは違って様々なキャラクターに手を出しやすい。キャラ変更の自由度が高くて色々試しやすいのはハードルの低さにも繋がるので宜しいかと。アームの組み合わせによって同キャラであっても戦い方が千差万別なので、オリジナリティーがプレイヤーごとによって生まれやすいのもグッド。

・キャラデザインはどれも秀逸。アメコミ的な見た目に抵抗がある人もいるかもしれないが、ヒーローモノのアメコミに出てきそうなデザインは個人的にはお気に入り。

・リプレイ機能が充実しており、スロー再生やキャラ別に視点変更出来る機能等が揃っているので試合を見て復習したり解説したりしやすい。ガチ勢の方にとっては活用しやすくて良いと思う。

・ステージごとに曲が用意されており、曲調は全て異なるがどれもアップテンポでバトルが盛り上がる曲が勢揃いで良曲が多い。個人的にはキッドコブラステージの曲やドクターコイルステージの曲が特にお気に入り。

・ネット対戦をしていてもラグが少なめな事が多い。腕前を競う事が重要なこのゲームでネット対戦が快適なのは良かった。

・HD振動も小気味良い。いいね持ちの場合左右で伝わる振動が異なるし、アームの種類や当たり方等で振動の種類が変化するのも面白い。
バネバネ…困った事になりました…
・間口の広さは一般的な格ゲーより明らかに広いのだが、本質的にはかなりストイックなアクションゲームなので、ライト層がこのゲームを本質まで楽しもうとするのはかなりキツいと思われる。対戦テクニックの練習になるトレーニングモードや、初心者でも楽しみやすいネット対戦のパーティマッチも用意されているので、ある一定まではゲームを楽しめるようにはなっているのだが、本質的にはかなりストイックな対戦を楽しむゲームなのには違いない。

・CPUの強さが高レベルになってくると強い…というより反応速度が異常になってきて戦っていても萎える。こちらが攻撃を繰り出すまで行動はしないくせにこちらが何らかの行動を行うと異常な反応速度でカウンターを狙ってくる…といったパターンばかりで、対人相手とは違って対応が面倒臭く、CPU相手との対戦は対人戦よりはイマイチ面白くなかった。

・ファイターの数が15人と聞くと数がやや少ないように感じてしまう。アームとの組み合わせ等でプレイスタイルは大きく変えられるので新鮮さが少ない訳ではないのだが、一般的な格ゲーのキャラ数やスプラトゥーン2のアップデート物量がARMSよりも多いのもあって、若干物足りなさを感じるかも。キャラ数と同じくステージ数も15だけなので、ステージのバリエーションも欲しかった。

・ランクマッチでは再戦をお互いに選ぶとキャラクター選択画面まで戻されるのだが、同キャラのまま再戦する選択肢も入れてほしかった。一戦一戦が短めなのに試合が始まるまでの手間がかかるゲームなので、尚更感じた点である。あと、パーティマッチのチーム戦で自分自信が倒れて操作不能状態になっても試合が終わるまで傍観させられ続けさせられて暇。

・ゲームを極めると、このゲームのコンセプトでもある『いいね持ち』よりも通常のコントローラーによる操作方法の方が僅かに有利な事に気付いてくる。というのも『いいね持ち』の場合、パンチが実際に出るまでラグがあったりするので、瞬発的な行動を求める場合はボタン操作の方が有利になっているからである。こればかりは瞬発力を求められるアクションゲームであるという本作の仕様上、瞬間的に反応出来るボタン操作の方が有利に働いてしまうのは致し方無いのだが…。
ハンパネーコメントが来たようです!
 のびーる腕を使った新・格闘スポーツという宣伝文句に恥じないシステムで、見た目もさることながら内容的にもかなり新しい対戦ゲームである。アクションによる1対1の対戦ゲームという事で本作は格ゲーと同ジャンルに並べられる事が多いが、システム的にはかなり別物。ジョイコンを使った直感的な操作なので、ライトゲーマーにとっても間口は一般的な格ゲー等よりはまだ広い方だと思われる。

 ただ、このゲームの奥底まで楽しもうとするためにはある程度の腕前が求められる。そういう意味ではライト層でもゲームを楽しめるスプラトゥーン等と比べると、対戦ゲームとしての敷居は高め。かなりスルメ的な面白さが強いゲームなので、個人的には初心者の人もこのゲームのストイックさに圧倒されて「あぁムズっ!!」と投げ出さないでほしいところではあるが(※オヤジギャグ炸裂!)。

 2017年のSwitchソフトはゼルダ、マリオ、スプラ、ゼノブレイド等と強力なIPが並んでいるのもあったせいか、ARMSはそれらよりは影が薄めなまま大まかなアップデートを終えてしまった。2017年に発売されたSwitchのゲームで、尚且つ完全新規IPのミリオン超えしたゲームは実は本作のみなのだが、内容のストイックさや他のゲームの盛大さ故か微妙に影が薄いような気がする…。総合的には粗が少なくてよく出来てるゲームなので、ゲームシステムにピンと来た人には是非とも薦めたい。

掲載日:2018年2月20日


機種別一覧(NS)に戻る

レビュートップページに戻る

縮緬遊戯堂トップページに戻る