Nintendo Switch Proコントローラー
メーカー:任天堂
機種:ニンテンドースイッチ
発売年月日:2017年3月3日
価格:6980円+税
ジャンル:周辺機器(コントローラ)


広告(良かったら買ってくれぃ)
 
すぐ壊れる恐れアリですが
物好きな方、どうぞ…(笑)

執筆: こうちゃ関西営業所長

デザイン 快適性
&操作感
適応性 独自性 重さ 価格 総合評価
6 8 6 7 7 6 61
※各項目は10点満点、総合評価は100点満点
ズラリと良いところ。
・コントローラー使用時間がまだ短い最初の頃はボタンの反応やジャイロセンサーの反応等も良い。このレスポンス面の良さが使用時間を重ねても継続してくれれば、このレスポンスの良さも手放しで褒められたのだけど…(苦笑)

・ボタンも十字キーも大きめで押しやすい。スティックも大きくて、激しくキャラを動かすようなアクションゲームにはよく合う。

・グリップ部分が大きめのコントローラーなので、手の大きな自分にはしっくりきた。
ドヘッと悪いところ。
短時間で壊れやすいという大問題を抱えている。一番問題視されているのはスティック周りのところで、特定の方向に反応しない等の問題が多いらしい。初めからコントローラーの調子が悪いという事は少ないものの、使用時間が100時間と経たずに故障する事が多いのは致命的すぎる。他にもジャイロセンサーの反応が一部の方向に偏るといった問題や、十字キーが思わぬ方向に反応してしまうというケースも多いそうで、前者の方は自分も感じた問題だった。

・値段が高めなのも難。NFCリーダーやジャイロセンサーが入っているために値段が高くなってしまうらしいのだが、コントローラー一つの値段としては高めなのが辛い。

・コントローラー内部が少し透けて見えるが、スケルトンタイプなら基盤が見えて格好いいはずなのに透過度が低いせいであまり意味が無い。逆にフレーム部分のゴツゴツとした内部の出っ張りが見えて微妙に気持ち悪い。ボタンの色も全体的なボディも黒々しいだけなので、もうちょっとセンスある見た目だったら良かったかなと。
サクッと感想。
 コントローラーとしては致命的である『壊れやすさ』が何より痛い!!壊れやすさが無ければswitchに初期装備されているジョイコンよりも格段に使いやすいコントローラーで、値段の高さを含めてもオススメできるコントローラーだったのだが、それらを一気に駄目にしてしまう壊れやすさというのがあまりにも致命的すぎる。

 自分はスプラトゥーン2を快適にプレイする為に思いきって購入したが、壊れやすさを除けばswitchのコントローラーの中でも特に使いやすいコントローラーだと感じた。ただ、それも最初だけの話。使用時間が200時間を超えてくると、自分もジャイロセンサーの調子が悪くなる等の問題を感じるようになってきた。
 switchでジャイロ操作が出来るコントローラーは現在はジョイコンとこのProコントローラーしか無いので選択肢は少ないのだが、値段の高さや脆弱性が多く見られる事から、正直言って現在は気軽に薦められるコントローラーでもない。任天堂が無料で修理対応をしてくれる事も多いそうなので、ある程度壊れる事を理解した上で買うのもいいかもしれないが、それでもいつ壊れるかという不安があるのは精神的にも良くない。

 少し余談として、このProコンのスティックが故障しにくくなると言われている裏技を記述…。一番故障する事が多いスティックの問題は、要するにスティックの軸部分がコントローラーのフレーム部分と擦れる事によって浮き出る白い粉が基盤に入って壊れる…という原理らしいので、白い粉が出てきたら綿棒等で細かく綺麗にしたり、離れ技としてはスティックの軸部分にグリスを塗って粉が出にくいようにするという方法がある。自分はコレをする事によって最大の問題点であるスティックの壊れやすさを長時間使用しても回避出来ているが、下手すると逆に壊れたり、任天堂から無償で修理を受けられなくなる可能性があるのでこの裏技は自己責任でお願いします(笑)

掲載日:2017年12月20日


機種別一覧(NS)に戻る

レビュートップページに戻る

縮緬遊戯堂トップページに戻る