それいけ!花札道場
メーカー:ダイナ
機種:ネオジオポケット(カラー専用)
発売年月日:1999年12月16日
価格:4800円
ジャンル:カードゲーム(花札)


かいたひと : アルツ社長

映像 音楽 快適性
&操作感
独自性 難易度・
バランス
ボリューム 総合評価
46
プレイ時間・・・4〜5時間程度
※映像〜ボリュームは10点満点、総合は100点満点
ヨイノ・デ・アール 十四世 ダァメ・デ・ゴ・ザロゥ 三世
・お馴染みの『こいこい』をCOM相手に遊ぶことができる。ちょっとした暇つぶしに向く。

・何を基準にした段位なのかはワカランが、段位判定モードとか変なモードがあるのが面白い。
・COMがなんかインチキくさいんですけども・・・。引きが良過ぎる。手持ちの札が良過ぎる。なんか相手の強さのさじ加減がルーチンじゃなくて引きの良さによって決まってるような感じがするんだが、これ、気のせいか?後半の相手の引きの良さに絶句するケースが多し。こっちは全然札が合わなくてカスさえ成立させられんのにCOMは始めっから三光確定(手札に持ってるとか!!)とか何の嫌がらせかと。

・ネオジオポケット自体の解像度が低くて明らかに見づらい。挙動もモッサリで表示が重くて操作性も×。

・花札の「こいこい」ができるだけで5000円近い定価ってのはちょっと割高過ぎる気がしないでもない。
THE 感想ナンデス
 うんまあ、花札ってことで楽しいことは楽しいですけども、ちょっとハードの表示能力に拠る画面の見づらさとかCOMの胡散臭い動きとかがちょっと納得いかんですな。定価5000円ってのも割高過ぎでしょう。

掲載日:2012年1月9日


機種別一覧に戻る

レビュートップページに戻る

縮緬遊戯堂トップページに戻る