ポケモンスタジアム
メーカー:任天堂
機種:ニンテンドウ64
発売年月日:1998年8月1日
価格:6800円
ジャンル:その他(拡張・対戦ツール)


かいたひと : アルツ社長

映像 音楽 快適性
&操作感
独自性 難易度・
バランス
ボリューム 総合評価
44
プレイ時間・・・10〜15時間
※映像〜ボリュームは10点満点、総合は100点満点
良かったこと 悪かったこと
・ゲームボーイでは静止画のポケモンがイキイキと動くのは良い。操作周りもN64のCボタン群を上手く活用しているのは良い。

・ゲームボーイの初代ポケモンを高速モードで遊べるのはやり込み派には嬉しい機能じゃな。

・ピカチュウに波乗りを覚えさせることができる。
・151種類いるポケモンのうち、40種しか使えないとは何事か!任天堂の広報さん曰く、「強さ重視で選んだ」とのことだが、その割にはヨワヨワのピカチュウが客寄せのためにちゃっかりまぎれているあたりなんとも。

・実況のバリエーションが少な過ぎる。1回のバトルで何回も同じ内容が出てきたりして萎える。

・ポケスタシリーズ全体での不満点だが、攻撃を外した時、エフェクトが表示されず相手ポケモンが突っ立ってるのが表示されるのは違和感があるのだがねぇ。攻撃をかわすモーションくらい表示してくれても良いようなものだが。
感想じゃい
 任天堂がこれだけ不完全なソフトを出すのは珍しい。とりあえず、海外で発売していないことからも任天堂自身このソフトの内容が物足りないレベルであったことは意識していたようで。それが唯一の救いか。「ポケモンスタジアム2」、「ポケモンスタジアム金銀」が出た今、あえてこの作品で遊ぶ価値はそんなに感じられませんな。

掲載日:04年7月11日
更新日:04年12月20日


機種別一覧に戻る

レビュートップページに戻る

縮緬遊戯堂トップページに戻る