パイロットウイングス64
メーカー:任天堂
開発:パラダイム社
機種:ニンテンドウ64
発売年月日:1996年6月23日
価格:9800円
ジャンル:シミュレーション(スカイスポーツ)


かいたひと : アルツ=ティッシュマン社長

映像 音楽 快適性
&操作感
独自性 難易度・
バランス
ボリューム 総合評価
75
プレイ時間・・・15〜20時間程度
※映像〜ボリュームは10点満点、総合は100点満点
ここがすごいんです ここが困るんです
・フル3D化されたことによって、臨場感・浮遊感はスーパーファミコンの前作よりも大幅にパワーアップ。コントローラがアナログ操作可能になったことで、微妙な操作も可能になったのがGOOですぞ!ハンググライダーやロケットベルトで快適な空の旅を味わえる。

・「人間大砲」や「ジャイロコプター」など、ある種、馬鹿馬鹿しさのあるモードがあるのも良い。最後のオマケ、「バードマン」モード(フィールドを制限無しにひたすら飛びまわれるモード)のマッタリ感も味わい深いものがある。
・内容が地味。基本的にはただ「飛ぶ事」に特化した内容だけに、単調さは否めない。

・妙に難易度が高い(笑)。シビアな操作を要求されるのでトライ&エラーが当たり前。
感想じゃい
 洋ゲーなんだけど、まったり。日本茶の渋さが味わえる作品だと思いました。あと、どう考えてもスカイスポーツ向きじゃない体型のホークおじさんのキャラの濃さが好きです。個人的には。もうベタ惚れです。デーヤッ!!

掲載日:06年11月9日


戻る