星のカービィ64
メーカー:任天堂
開発:HAL研究所
機種:ニンテンドウ64
発売年月日:2000年3月24日
価格:6800円
ジャンル:アクション(2D)


かいたひと : アルツ社長

映像 音楽 快適性
&操作感
独自性 難易度・
バランス
ボリューム 総合評価
75
プレイ時間・・・20〜30時間
※映像〜ボリュームは10点満点、総合評価は100点満点
すばらしいですぞ! こりゃ〜イカンなぁ
・見た目は3Dだが、最近の据置機では貴重な存在になった2Dアクションゲーム。普通の2Dアクションの要領で遊べるが、3Dであることを活かした仕掛けも用意されていて面白い。目新しい変更点はないものの安定した面白さ。

・全体的に難易度が低くアクションが苦手な人でもしっかり楽しめる。

・カービィのプニプニ感が一層アップ。全体的に柔らかい色使いでかわいらしくポップな雰囲気。

・2つのコピー能力を混ぜる「ミックス能力」システムは面白い。組み合わせも多く攻撃方法もいろいろ。

・ミニゲームはシンプルな操作で遊べる。多人数でちょっとした時間つぶしするのに丁度良い出来。
・カービィの移動速度が遅いのでややストレスがたまる。一定時間で空中を飛んでいられるホバリング状態が強制解除されてしまうのも考え物。

・良く言えば「誰でもクリアできる」のだが、アクションゲームが得意な人にはやや物足りなさは残りそう。

・「コピー能力ミックス」のアイディアは悪くないが、使える組み合わせとそうでない組み合わせの差が大き過ぎる。具体的には画面全体を連続で攻撃できるバーニング×ボム、横に連続攻撃可能なカッター×ボムは強過ぎるし、ストーン×ボム、アイス×カッター等はスキや使用できる場面があまりに限定されていて使えない。

・ステージ途中で待ち構える中ボスがこれまでのシリーズ作品とは異なり「ただのデカイ雑魚キャラ」になってしまったのが残念。
感想じゃ
 2→3と続くカービィ生みの親である桜井政博氏が製作に携わらない「非桜井系カービィ」のニンテンドウ64版。それらの作品と同じように難易度は抑え目でコピー能力を使い分けてステージに隠された重要アイテム(この作品ではクリスタル)を集める事で最終ボスと戦う権利を得ることができる。アクションゲームとしては特筆すべき点はないが、ホンワカしたグラフィックはなかなかイイ感じですな。無難に楽しめる良作だと思いまする。

掲載日:04年9月18日
更新日:05年1月27日


機種別一覧に戻る

レビュートップページに戻る

縮緬遊戯堂トップページに戻る