DX
メーカー:任天堂
開発:HAL研究所
機種:ニンテンドーゲームキューブ
発売年月日:2001年11月21日
価格:6800円
ジャンル:アクション(2D・格闘)


広告(良かったら買ってくれぃ)

執筆: アルツ社長

映像 音楽 快適性
&操作感
独自性 難易度・
バランス
ボリューム 総合評価
10 9 8 8 8 10 95
プレイ時間…800時間程度
※各項目は10点満点、総合評価は100点満点
てやんでい、いいところでぃ!
・とにかく豪華な作りで「デラックス」の名に相応しい内容となっている。いっしょに遊ぶ人がいると非常に対戦が盛り上がる。前作では貧弱だった1人用も「アドベンチャー」や「オールスター」、「組み手」等の新要素があり、多少は改善されている。

・キャラの数が増えたのは素直に嬉しい。アイスクライマーやファイアーエムブレム、そしてゲーム&ウォッチのキャラの参戦には驚いた。キャラクター毎の格差も小さくなり、バランスはかなり取れている。

・拡大しても粗さがほとんど目立たないほど作りこまれたキャラクターのモデリングの出来栄えには拍手を送りたい。また、描き込みが細かくなったにもかかわらず、見易さを損ねていないのもグーですな。

・フィギュポンやアドベンチャーモードでの色々な作品のステージ等、古くからの任天堂ファンには嬉しい&懐かしいと思える要素が多い。
べらんめい!いけねぇところでい!
・ごちゃごちゃと仕掛けが多いステージが大半を占める。もうちょっとシンプルでバトルに集中できるステージが多くても良かったと思う。また、ニンテンドウ64のステージで数を稼がなくても良かったので代わりにファイアーエムブレムキャラ用のステージが欲しかっ た。

・NPCの動きがかなり不自然。スコアがトップのプレイヤーばかりを狙ったり、特定のアイテムにしか反応しなかったり、飛び道具をシールドで反射しまくったり…。その辺をもうちょっと人間らしい動きを作りこんで欲しかったところ。

・ちょっとポケモン(4匹)とマリオ系(8人)に人選が偏りすぎな気もする。もっとカービィシリーズやワリオなどの任天堂企画開発部(旧開発第一部)系から登場するキャラがいても良かったと思うが。
感想諸々
 とにかくボリューム満点でサービス精神が溢れる作品。一緒に遊ぶ人がいればサルのように延々と遊び続けられるゲームだと思う。遊びに遊んで約800時間。手軽さ、奥深さ、運要素のすべてのバランスが素晴らしい!こりゃもう、ただ脱帽するのみであった。対戦モノとして極上の一品。
 まぁ、任天堂好きなら対戦相手がいなくても持っててソンはない作品ですやね。100万本以上売れたにもかかわらず中古価格が3980〜5980円程度を維持している事からも、買った人が手放さない事がうかがえる。

掲載日:2004年7月3日
更新日:2006年7月19日


執筆: こうちゃ関西営業所長

映像 音楽 快適性
&操作感
独自性 難易度・
バランス
ボリューム 総合評価
10 10 9 9 7 10 95
プレイ時間…1000時間以上
※各項目は10点満点、総合評価は100点満点
こ、これはどえりゃあすごいの!!
・ゲームキューブ初期ながら極めてグラフィックが綺麗。前作は一般的な64レベルのグラフィックでしかなく、キャラの動きが微妙にトロいような特徴があったが今作は全体的に素早くヌルヌル動くのにキャラや背景にいたる全てが綺麗。

・前作では少なかったキャラ数やステージ数やフィギュア等が大幅に増え他のモードもさらに充実してきたので、本当にボリュームがとても凄い。

・フィギュアや参戦キャラの多様化等によって任天堂関連のネタも増えてきており、さらに『ニンテンドーオールスター』なゲームになっている。

・空中緊急回避の追加や自滅によるマイナスポイントの増加等、戦いに関しての仕様もさらに便利かつパワーアップしている。

・画面の切り替わりが早めで、設定やバトルに移行するまでの時間がサクサクである。ルール変更やキャラ選択した後に他の画面へ移動して戻ってきても、それらが残ったままであったりと操作性は快適である。

・音楽のアレンジも中々上手く、ステージ元のゲームとは全く違う出典元のゲームのアレンジ曲も使われていたりもするものの、違和感は無し。選曲元も秀逸で、特にビッグブルーの裏曲であるマッハライダーのリメイク曲が良かった。
あちゃあ〜。これはいかんの〜!
・キャラの増加は良いのだが、基本的な性能が似ているコンパチキャラが多めになっている。

・どうも、選出しているキャラやステージが偏っている。特にマリオ勢は優遇しすぎかと。

・前作に続きキャラの格差がやはり大きく、気軽に友達と遊ぶのならまだしもガチ対戦を極めてくるとキャラ格差がキツくなってくる。

・普通の大乱闘モードではCスティックを使ってスマッシュ攻撃が使えるが、他のモードではCスティックを使ってもスマッシュが出ないのはちょっと困る。
ほんじゃあ、感想じゃあ。
 初代のニンテンドウ64のスマブラからハードが移り、性能がアップしたゲームキューブにてスマブラもさらにパワーアップした!グラフィックから音楽からゲームシステムから何から何までさらに出来が向上している。それらの要素が組み合わさり、前作と比べてもボリュームが桁違いなほどの量になっている。

 シリーズ全体で見てもスピーディーな戦闘を楽しむ事ができ、本作のシステムと操作性の高いGCコントローラーとの相性はとても良い。自分は今だにスマブラをやるならGCコンじゃないと、違和感を覚えるほどである。GC自体は持っていない友人もいたが、スマブラのためだけにマイGCコンは持っているという友人も居たほどだった。

 自分のゲーム開始年齢がかなり早かったせいもあり、おそらく我が人生における現時点で全てのゲームの中で一番プレイ時間が長いのではないかと思われる。だって友人と集まったら取り合えずスマブラをやっていたと言っても過言ではなかったからなあ…。

 GC初期における名作であり、現在でも複数人でワイワイやりあうと盛り上がる事間違いなしかと思われる。

掲載日:2016年7月11日


機種別一覧(GC)に戻る

レビュートップページに戻る

縮緬遊戯堂トップページに戻る