スーパーマリオサンシャイン
メーカー:任天堂
開発:任天堂情報開発本部
機種:ニンテンドーゲームキューブ
発売年月日:2002年7月19日
価格:6800円
ジャンル:アクション(3D)


執筆: アルツ社長

映像 音楽 快適性
&操作感
独自性 難易度・
バランス
ボリューム 総合評価
9 8 8 7 6 7 82
プレイ時間…50〜60時間程度
※各項目は10点満点、総合評価は100点満点
イッツミー、マーリオ(よかでごわしょう)
・マリオの動きが非常に軽やか。操作していて素直に楽しいと思える。ジャンプ系のアクションが増え、パンチやキックなどの体術が多かった前作(マリオ64)よりもジャンプアクションゲームに回帰したって意味ではマリオシリーズらしさは強まったかもしれんね。

・目玉となるポンプの水流を使ったアクションは見た目的にも、もちろん性能部分もなかなかぶっ飛びであり豪快さって意味ではシリーズ有数かもしれない(水圧を使って法外な大ジャンプをしたり、超高速で走り回ったり)。

・マリオ64では狭い場所で融通が利かなかったカメラがある程度自由に動いてくれるようになったり、全体的にカメラの操作性は向上している。中でも、ワンボタンで後ろに回りこんでくれる機能がありがたい。

・透明感のある水の表現はバツグンに美しく涼しげであり、リゾート地らしい彩り感、華やかさのあるグラフィックに仕上がっている。原色バリバリの色使いだが、上手く南国のポップさを表現しているように思う。
マンマミーア(イカンきに)
・序盤から難易度が高い場面がチラホラ見受けられるコトも。この突き放しっぷりはある意味では万人向けである事を求められるマリオっぽくないバランスって言えるかもしんない。難易度上昇の一因はポンプになるかと。ポンプは種類が多い上に操作が複雑であり、また、似たゲームが少ないだけに余計にとっつきが悪いっていう部分もある。

・一方でポンプ無しステージもなかなかライトユーザを突き放した作り。3D空間で細かい足場を渡ったり、速さを要求されるのは正直辛い部分はある。何より空中にいる間は自分の位置が極端に把握しづらいため、ミスした時に納得出来ないことが多い。難しい事自体をそのまま否定するつもりはないが、ミスした時に納得できる作りで無いとイカンと思う。

・ストーリー上仕方ないのだがどこもかしこも南国風のステージばかりでステージ毎の個性って意味では従来のマリオシリーズより劣るかも。

・前作に比べ攻略法が一本道のことが多く、箱庭の中で好き勝手に動けたマリオ64よりは自由度が下がった感はある。また、青コイン集めなど、作業的なやりこみ要素で水増しされてる感がある点はやや残念。

・ヨッシーは水に落ちたり、食べ物を補給しないだけで消えてしまう。制限ばかりでストレスがたまるだけであまり必要性が無い。落書きという設定だが、従来作に比べてゲーム性の部分でもストーリー的にも出す必然性が無い&こじつけクサイんで無理に出さなくてもよかったと思う。あと、相変わらずハブかれたルイージも気の毒ではある(苦笑)。
ヒアウィー感想。
 1996年の『スーパーマリオ64』から6年ぶりの正統新作という事でだいぶ事前のハードルが高まっておった本作。位置付けとしてはポンプなるギミックを使ったジャンプアクションに回帰しており、マリオ64よりも従来のマリオっぽい味付けに戻ったとも言える。
 一方で気になるのは操作の複雑さや一部ステージの極悪難易度など、続編モノにありがちな客をふるい落とす方向でゲーム性が変化してしまったようにも思え、その点はかなり残念でもあり。

 全体としては「マリオっぽさに重点を置いてるハズなのに、敷居の高さとか複雑さの点で客を選ぶ内容でマリオっぽくない部分もある」って感じに思え、マリオシリーズとしてはかなり珍妙な位置付けに収まってる異色作にも思える。
 どうも遊んでて疲れる内容のせいか個人的にはマリオのナンバリング・正統作の中ではあんま思い入れの無い存在ではあるけども、それでもたまに遊びたくなる妙な魅力はある。そして今現在でも十分通用するだけの水の表現を筆頭としたグラフィックのレベルの高さは特筆に値する。夏になると無性に遊びたくなるって意味では「水の」任天堂らしいゲームとは言えるのかもしれぬ(笑)。

掲載日:2004年6月30日
更新日:2018年6月26日


機種別一覧(ゲームキューブ)に戻る

レビュートップページに戻る

縮緬遊戯堂トップページに戻る