ヨッシーの万有引力
メーカー:任天堂
開発:アートゥーン
機種:ニンテンドーDS
発売年月日:2004年12月9日
価格:4800円
ジャンル:アクション


かいたひと : アルツ社長

映像 音楽 快適性
&操作感
独自性 難易度・
バランス
ボリューム 総合評価
51
プレイ時間・・・約5〜6時間
※映像〜ボリュームは10点満点、総合は100点満点
いいねぃ!たまらんぜぃ! べらんめい!いけねえぜぃ!
・2Dスクロールのアクションゲームにコロコロカービィやまわるメイドインワリオの傾きセンサーを搭載。コース上の仕掛けを上手く作動させて先に進むと言うアイディアは、ベタではあるけど面白い試みだと思いますよ。 ・「傾ける」というこのゲームのウリであるはずの操作がストレスにばかり繋がっている気が。もうちょっと大胆で爽快感のあるものにできなかったのかねえ。それ以前に、走る、跳ぶといった基本アクションの操作性の悪さにも閉口。

・演出面が貧弱。パターン数が少なくて硬いと言うか、ぎこちないキャラの動作に代表されるグラフィックに、ピコピコした安っぽいサウンド。ゲームボーイアドバンス円熟期に出た作品とは思えないレベルだ・・・。約10年前に出た「ヨッシーアイランド」の足元にも及ばんよ。うーむ。
感想などなどじゃい
 発売直後から良い評判も聞かず、地雷臭がしておったので最近になってから半値以下で買ったのだが、・・・う〜ん、想像以上に酷かったねえ。自分がツマンナイって思ったソフトでもあんまし露骨に否定はしたくないんだけど、ホントにつまんないからこいつは仕方ないね。クソゲーという棺桶に片足突っ込んじゃってる感じ。アイディアは面白いと思うんだけど・・・。もっと地力のあるメーカーもしくは任天堂社内で手がけていれば、花開く可能性のある作品だったと思う(実際に製作されたスタッフにゃ酷な言い方ダケド)。
 任天堂の社外に下請けに出して開発されてたソフトなのでハズレ率が上がる事はある意味仕方ない(大半のソフトメーカーは任天堂よりゃ開発力が無いワケだし)。しかし、任天堂ももうちょっと自社のキャラを預けて大丈夫かどうか、厳格に審査する必要があるよ。ワシのような任天オタクは事前に情報集めてから買う買わないを判断するからハズレくじあんまし引かないけど、任天堂の売上の大半を占めてるお子様+その親御様はそこまでしないでしょう。そんなんで5000円もするツマラン物売りつけて信用失って自分のクビを絞める。重要な問題だと思うんですけどね、どーよ!?

掲載日:06年6月18日


機種別一覧に戻る

レビュートップページに戻る

縮緬遊戯堂トップページに戻る