魔界村
メーカー:カプコン
機種:ゲームボーイアドバンス
発売年月日:2002年7月19日
価格:5040円
ジャンル:アクション(2D)


かいたひと : アルツ社長

映像 音楽 快適性
&操作感
独自性 難易度・
バランス
ボリューム 総合評価
75
プレイ時間・・・10〜15時間くらい
※映像〜ボリュームは10点満点、総合は100点満点
いいとこじゃ だめなとこじゃ
・途中でセーブが可能になったのが嬉しい。結構ボリュームがある作品だっただけに、これはありがたい追加機能と言える。

・ただの移植作品ではなく、新たにステージが追加されてたりしてちょっとお得。

・ヒジョーに難しい分、クリアできた時の達成感は他ではなかなか味わえない。
・良いところと被るが、他の追随を許さぬ高い難易度は楽しめる人を選んでいる面もある。基本的にはマゾ系の人向け。“イージー”に設定してもまだ十分難しい。

・テレビとGBA液晶の画面比率の関係で上下幅が少し狭くなって、窮屈になった感はある。
感想じゃよ
 移植作品としてはほとんど文句の無い出来。追加要素やセーブ機能も付いてより深く、より長く楽しめるようになったと言える。難しいのに抵抗の無い方は遊んでみるのもいいかもしれませんYO!ヤケドには注意しませう(苦笑)。

掲載日:2010年3月25日

関連作品のレビューはこちら!
超魔界村 (1991年・SFC)


機種別一覧に戻る

レビュートップページに戻る

縮緬遊戯堂トップページに戻る